Spiral RX-8 RBS取説 - L'

Spiral RX-8(ABA-SE3P) Rear Bumper Spoiler 取付説明書
この度は、弊社の製品をお買い求め頂き、誠に有難うございます。
『取付説明書』には、あなたや他の人々への危害や損害を未然に防ぎ、本製品を安全に取付・またはご使用
頂く為に、守って頂きたい事項を示しています。その表示とマークは次の様になっています。内容をよく読み、
理解したうえで取付作業を開始して下さい。本書の内容を厳守しないで発生した危害や損害につきましては、
弊社では一切の責任を負いません。
危険
この表示を遵守しないと人身事故が発生し、場合によっては、死亡の
可能性がある。
注意
この表示を遵守しないと製品自体の損傷及び、物質損害が発生する
可能性がある。
この表示を遵守しないと本製品の本来の性能を発揮できなかったり、
故障が発生する可能性がある。
参考
◎商品到着後、すぐにご確認下さい。
この製品は下記の製品、部品、附属品が同包されています。不足または不良等の場合、お手数でも
商品到着後7日以内に、販売店もしくは弊社まで御連絡下さい。
尚、事前の御連絡がなく塗装・加工等された後でのクレーム及び返品は一切お受け出来ませんので
予めご了承頂きますようお願い申しあげます。
1.Rear Bumper Spoiler 本体 1個
2.ダクトカバー本体 1個
3.アートメタル(実装)
4.M4×12タッピングビス 4本
5.M5×12タッピングビス 2本
◎安全にご使用頂く為に必ずお読み下さい。
危険
◎本製品取付後、運転時に異音や不具合を感じた場合は、重大事故防止の為、直ちに運転を中止して下さい。
◎本製品取付後、定期的に装着面の緩み、製品の異常の有無を確認して下さい。特に装着後(約100km程度)は、
緩みやすく脱落の危険が有りますので、こまめに点検を行って下さい。
◎本製品はFRP製品です。事故などで破損した場合、不注意に触れると、とげ等により負傷する危険が有ります。
◎FRP製品を塗装する際には特殊な溶剤を使用する為、専門知識と専用工具及び、専用塗料が必要ですので、
必ず専門店にて行って下さい。
◎本製品は自動車メーカーが日本国内仕様として発売したノーマル車両への取付を基準に設計されています。
ノーマル車以外への取付もしくは、海外向け仕様車等で取付された場合、弊社では一切の責任を負いません。
◎本製品の取付作業時には、必ず保護手袋を着用して下さい。手指を傷つけたり、負傷する恐れがあります。
注意
◎本製品の型取りは、新車にて行っております。お車の事故歴や経年変化等により、車体側の寸法が新車時より変化
している場合は、加工が必要な場合もございますので予めご了承下さい。
◎本製品の全ての部分にベンジン、シンナー等の薬品類は使用しないで下さい。変質や破損の原因となります。
◎本製品の塗装後、塗装面はキズがつきやすい為、お手入れには十分注意して下さい。
◎本製品はグラスファイバー(FRP)で出来ています。衝撃により破損する場合が有りますので、十分注意して下さい。
参考
◎本製品塗装面のお手入れは、お車の外装と同じように定期的にワックス等を使用して下さい。その際、研磨剤入り
のワックスは使用しないで下さい。使用すると、塗装面をキズ付ける可能性が有ります。
◎本製品に泥等が付着した状態で長時間放置しますと、塗装面にムラやシミが発生する可能性が有りますので、
常に清潔な状態を保つ様心掛けて下さい。
〒412-0048 静岡県御殿場市板妻113
株式会社アブフラッグ
Tel. 0550-80-0705 Fax. 03-6893-7810 E-Mail : abflug@abflug.jp
1.準備作業および概要説明
○取付け準備
1)
本製品を装着するにあたり、 純正のボルトやナット等を使用する箇所が多数ありますので、 純正部品を
外した際のボルトやナットを分類し、 利用しやすいようにして下さい。
また、 装着作業にはリフトまたはウマ等を利用して、 2人以上で作業されることをお奨め致します。
注意
*リフトまたはウマ等における車輛の固定は、 安全に十分配慮して下さい。
*サーキット走行を行う場合は、 脱落防止のため取付箇所の補強をお奨めします。
(例 : 接面のコーキングまたは両面テープ補強、 タッピングビス部のボルト ・ ナット交換等)
○純正取外及びパーツ移植作業
1.純正バンパーを外します。
(外したボルト類を分別して再使用しやすいようにご準備下さい。)
1-1. 純正インナーフェンダー、 テールランプを取外し、
純正リアバンパーを車輛から取り外します。
フェンダーに保護テープ等を貼り、 傷防止の
養生をして下さい。
(保護テープは添付されておりません。)
1-2. 外した純正バンパーから 「ナンバー灯」、
「トランクオープナー」 「リフレクターレンズ」 を
外します。 (製品に移植再使用します)
2.純正パーツを移植します。
不要
2-1. リフレクターレンズを製品に移植し、 付属のM5×12タッピングビスで固定します。
個体差によりレンズがはまりにくい場合は取付穴や製品厚の調整をして下さい。
2-2. 純正同様にナンバー灯とトランクオープナーを製品に取付します。
2-3. 本製品はリアバンパー本体とダクトカバーが別体にて構成されておりますので、
位置合わせをした後に 3.2mm のドリルでダクトカバーの取付穴を基準に下穴を開けます。
次に付属のM4×12タッピングビスにて4カ所を固定して下さい。
2-4. 車輛側に装着されている左右のリテーナーを一度取外し、 製品と確実にはまるように
フィッティング確認をして下さい。 次にインナーフェンダーと製品がはまるかの確認をして下さい。
(FRP 製品の性質上、 製品厚や穴位置の調整が必要になる場合があります)
↑
リテーナー
フィッティング確認
↑
インナーフェンダー
フィッティング確認
確認が終わったらリテーナーを再度車両側へ戻し、 インナーフェンダーも外します。
3.製品を車両へ仮組します。
3-1. ナンバー灯、 トランクオープナーのソケットを
つなぎ、 慎重に車輛に製品を装着します。
フェンダーとのクリアンスやリテーナーの
「ツメ」 との掛かりを確認します。
テールランプ奥のクリップ&スクリューの
穴位置も確認してください。
確認が済みましたら、 インナーフェンダーと
テールランプの仮装着をします。
4.製品を本装着します。
仮組での確認が完了いたしましたら、 製品を塗装し車輛へ本装着します。
固定方法は仮装着と同様にて、 各部の本締めを行い、 作業は完了です。