2015年3月期 第1四半期決算概要

2015年3月期 第1四半期決算概要
2014年8月5日
本資料のうち、業績予想等に記載されている各数値は、現在入手可能な情報に
よる判断および仮定に基づき算出しており、判断や仮定に内在する不確定性お
よび今後の事業運営や内外の状況変化により、実際の業績等が予想数値と大
きく異なる可能性があります。
前期からの主な変更点
※P12(参考情報)参照
(1) 製品運送費を販売管理費から売上原価に変更
※2014年度3月期についても遡及適用
・2014年3月期第1四半期 :販売管理費→売上原価: 2.5億円
・2015年3月期第1四半期 :販売管理費→売上原価: 3.0億円
(2) 機器製品のサービスコストを販売管理費から売上原価に変更
・2015年3月期第1四半期 :販売管理費→売上原価: 30.0億円
(3) 米州のサービス繰延収益の取崩に伴う一時的な売上・利益増加
・2015年3月期第1四半期のみ売上+4.2億円、営業利益+3.6億円
(4)2015年3月期第1四半期には以下の関係会社を含む
Partec、Inostics、シスメックストルコ、メディカロイド、理研ジェネシス
(5) グループ間取引価格の見直し
-米州、EMEA、中国、日本 ※EMEAは当期より初めて実施
1/12
第1四半期 決算総括
(単位:億円)
利益
売上
500
467
- 売上高、全ての利益において
過去最高を達成 -
※2015年3月期1Qからサービスコスト等の会計方針を変更しています。※P12(参考情報)参照
120
(単位:億円)
2015年3月期 1Q
87
307
300
316
85
278
40
33
100
30
30
47 51
40
36
30
29
16
0
0
2011.3 2012.3 2013.3 2014.3 2015.3
1Q
1Q
1Q
1Q
1Q
売上高
経常利益
実績
構成比
100%
395.4
100%
118.2%
売上原価
188.8
40.4%
151.8
38.4%
124.3%
販売費及び
一般管理費
190.9
40.9%
195.8
49.5%
97.5%
営業利益
87.6
18.8%
47.8
12.1%
183.3%
経常利益
85.0
18.2%
50.5
12.8%
168.2%
当期純利益
51.8
11.1%
30.6
7.8%
169.2%
20
23
17
80
構成比
前年
同期比
467.3
売上高
60
50 200
実績
100
395
400
前年同期
営業利益
当期利益
2015年3月期 1Q
前年同期
1USD
102.2円
98.8円
1EUR
140.1円
129.0円
 売上高:
円安の影響もあり、海外を中心に二桁増収
 営業利益:
増収効果および円安の影響もあり大幅増益
 営業外損益: 為替差損 3.3億円 (前年同期 為替差益 2.3億円)
 為替の影響
売上 : +17.7億円 営業利益 :+6.1億円
※前年同期為替レート適用の場合: 売上高 113.7 %、営業利益 170.5%
 設備投資(有形)40.4億円 減価償却費 27.0億円 研究開発費 34.3億円
 Partec、Inosticsの影響:売上+9.3億円、営業利益△3.3億円
2/12
売上高・営業利益の増減要因
(単位:億円)
売上高
営業利益
※各地域の売上は為替の影響を除く
原価率悪化に
よる粗利の減少
増収による
販管費 為替の影響
粗利の増加
の減少 6.1 為替の影響
2.1
17.7 13.0 AP
19.2 中国
21.6
△1.6
△9.0
EMEA
米州
日本
33.4 467.3 395.4 +21.0
原価率
改善
+30.0
サービス
コスト等
△30.0
サービス
コスト等
△20.7
販管費
増加
87.6
47.8 71.9億円
2014.3
1Q
9.3
39.8億円
2015.3
1Q
2014.3
1Q
3/12
2015.3
1Q
所在地別売上高

所在地別売上高
(外部売上)
(単位:億円)
2015年3月期 1Q
前年同期
前年同期比
実績
構成比
467.3
100%
395.4
100%
118.2%
米州
103.4
22.1%
81.7
20.7%
126.6%
122.4%
EMEA
149.8
32.1%
120.6
30.5%
124.2%
114.3%
中国
102.1
21.9%
85.5
21.6%
119.4%
115.1%
AP
31.9
6.9%
29.3
7.4%
109.0%
-
日本※
79.9
17.0%
78.2
19.8%
102.2%
-
売上高
構成比
(円)
(現地通貨)
-
所在地別
※IDEXX社等含む外部売上

■ 新興国の売上高比率
為替レート
2015年3月期
1Q
2014年3月期 1Q
前年同期
1USD
102.2円
98.8円
1EUR
140.1円
129.0円
1CNY
16.5円
16.0円
2015年3月期 1Q
34.9%
35.0%
売上高
395.4億円
4/12
売上高
467.3億円
事業別売上高
(単位:億円)
2015年3月期 1Q
実績
前年同期
構成比
実績
構成比
前年同期比
307.4
65.8%
257.9
65.2%
119.2%
尿
37.1
8.0%
32.2
8.2%
115.2%
その他※1
14.9
3.2%
6.8
1.7%
218.7%
HU-BU
359.5
76.9%
297.0
75.1%
121.0%
免疫
5.2
1.1%
4.3
1.1%
121.1%
生化学
8.0
1.7%
8.1
2.1%
98.3%
凝固
68.2
14.6%
64.1
16.2%
106.3%
ICH-BU
81.4
17.4%
76.6
19.4%
106.3%
その他IVD※2
13.9
3.0%
12.4
3.2%
112.0%
455.0
97.4%
386.2
97.7%
117.8%
LS-BU※3
6.7
1.4%
3.3
0.8%
202.4%
その他
5.5
1.2%
5.8
1.5%
94.9%
467.3
100.0%
395.4
100.0%
118.2%
ヘマトロジー
IVD 計
売上高 計
※1 PartecおよびLaboratory Information Systems (検査情報システム)等
※2 仕入れ商品等
※3 Inostics含む
5/12
米州における取り組み(所在地別)
120
売上
営業利益
(単位:億円)
18
100
15
81.7 80
63.2 62.1 9.9
64.3 60
※
6.8
40
4.5
20
※
12
営業利益※
3.4
3.6
※
3
※
2011.3 2012.3 2013.3 2014.3 2015.3
1Q
1Q
1Q
1Q
1Q
(単位:Million USD)
営業利益
20
101.3 100
80
68.8 76.0 80.3 9.8
7.5
20
15
82.7 60
40
5.6
10
前年同期
前年同期比
103.4
81.7
126.6%
9.9
3.4
287.4%
 米国の医療制度改革の本格施行により、機器売上が
回復基調となり、中南米においてもペルーのXN販売
開始等に伴い増収
 グループ間取引価格の見直しの影響もあるが、売上伸長
による増収効果により大幅増益
・医療機器物品税を前年同期は売上高から0.9億円控除(利益への影響なし)
・サービス繰延収益の取崩に伴う一時的な売上・利益の増加
(当期売上+4.2億円、営業利益+3.6億円)
・上記2件を除外した場合の前年同期比:売上120.1%、営業利益185.3%
※
4.5
※
※
3.5
5
※
0
0
2011.3 2012.3 2013.3 2014.3 2015.3
1Q
1Q
1Q
1Q
1Q
売上高
売上高
9
0
売上
2015年3月期 1Q
6
0
120
(単位:億円)
103.4 営業利益
※グループ間取引価格の見直し
■現地通貨ベース 前年同期比 売上高 122.4%、営業利益 277.8%※
 米国
:機器に加え試薬およびサービスが伸長し増収
 カナダ
:医療費予算削減が継続するも、前期からの遅延
案件の売上計上もあり増収
 中南米 :ペルー、メキシコ、コロンビア等の販売拡大により増収
6/12
EMEA※における取り組み(所在地別)
売上
(単位:億円)
営業利益
149.8 150
120.6 100
96.0 84.7 12.1
89.6 40
※欧州、中東、アフリカ地域
2015年3月期 1Q
30
売上高
21.7
20
13.3 12.8
営業利益※
11.4
50
※
10
前年同期
(単位:億円)
前年同期比
149.8
120.6
124.2%
11.4
21.7
52.5%
 ヘマトロジーや凝固分野の売上伸長に加え、Partec、Inostics
の連結の影響もあり増収
0
0
2011.3 2012.3 2013.3 2014.3 2015.3
1Q
1Q
1Q
1Q
1Q
売上
(単位:Million EUR) 営業利益
120
81.8 90
30
10.4 11.4 20
12.5 8.2 30
■現地通貨ベース 前年同期比 売上高 114.3%、営業利益 48.4%※
 主要5カ国
93.5 16.9 72.4 60
・Partec、Inosticsを除外した前年同期比:売上116.9%、営業利益62.5%
107.0 87.1  二桁増収も当期からのグループ間取引価格の見直しにより減益
-イギリス
: XN販売が好調なヘマトロジーを中心に増収
-フランス
: 検査室の統廃合によるシステム製品の需要が
継続し、XN販売が好調に推移
10
-ドイツ
※
:スペインを除く4カ国において増収
: ヘマトロジー試薬の伸長およびPartec、Inosticsの
売上も寄与し増収
0
0
2011.3 2012.3 2013.3 2014.3 2015.3
1Q
1Q
1Q
1Q
1Q
売上高
営業利益
※グループ間取引価格の見直し
 その他欧州
: 機器の入札案件減少等に伴い微減
 東欧・ロシア
: ロシアは微減もポーランド等で伸長し横ばい
 中東・アフリカ : XN販売が好調なサウジアラビア等で増収
7/12
中国における取り組み(所在地別)
125 売上
(単位:億円)
営業利益
102.1 100
25
75
25
65.3 39.7 9.5
※
10.7
※
17.0
15
※
10
9.6
5
0
0
2011.3 2012.3 2013.3 2014.3 2015.3
1Q
1Q
1Q
1Q
1Q
売上
(単位:Million CNY) 営業利益
617.6 600
514.7 536.4 68.7
※
102.9
75.7
※
84.5
※
※
102.1
85.5
119.4%
17.0
9.6
176.9%
 市場での販売停滞による影響が一部継続するも、ヘマトロジー
分野を中心に機器・試薬の売上が伸長
180
により増益
■現地通貨ベース 前年同期比 売上高 115.1%、営業利益 170.6%※
90
 ヘマトロジー分野 :XE・XTからのXNシリーズへの買い替え
60
促進策およびXSのキャンペーンにより
30
大幅増収
60.3
0
0
2011.3 2012.3 2013.3 2014.3 2015.3
1Q
1Q
1Q
1Q
1Q
売上高
営業利益※
前年同期比
 グループ間取引価格の見直しの影響もあるが、増収効果
120
294.4 200
売上高
前年同期
150
397.2 400
2015年3月期 1Q
20
49.8 9.2
※
(単位:億円)
35
30
85.5 50
40
 尿分野
:UFシリーズの売上が伸長し増収
 凝固分野
:CAシリーズの下位機種は大幅に増加するも
上位機種が減少し減収
営業利益
※グループ間取引価格の見直し
8/12
APにおける取り組み(所在地別)
(単位:億円)
35
(単位:億円)
売上
営業利益
31.9 売上高
29.3 28
6
営業利益
前年同期
前年同期比
31.9
29.3
109.0%
1.8
3.4
53.8%
 政情不安が続くタイの減収をインド、オーストラリア等が補い増収
21
14.2 14.8 15.4 ※
3.4
4
 増収となるもインドの直販化体制整備(ノンヘマトロジー)、および
シンガポール試薬工場の拡張に伴う費用の増加等により減益
14
※
1.9
7
2015年3月期 1Q
8
1.8
※
0.4
2
東南アジア :政情不安が続くタイおよび前期に大型案件を
※
0.4
0
獲得したミャンマーの影響により減収
0
南アジア
パキスタンでの3分類機器販売の増加により増収
2011.3 2012.3 2013.3 2014.3 2015.3
1Q
1Q
1Q
1Q
1Q
※グループ間取引価格の見直し
:インドでの直販化による尿、凝固売上増加および
オセアニア
:オーストラリアでの大手検査センター向け入札案件
獲得により増収
韓国・台湾
:韓国は病院での予算先送りによりヘマトロジーを
中心に減収
9/12
日本における取り組み(所在地別)
280
(単位:億円)
70
営業利益
売上
(単位:億円)
2015年3月期 1Q
250.1
240
60
※
207.1 51.4
200
50
174.7
160
128.9 120
80
40
170.1 90.0 85.2 ※
74.7 25.4
5.7
6.4
5.8
※
※
10.5
※
4.2
71.2
78.2
0.8
250.1
207.1
120.8%
外部
79.9
78.2
102.2%
日本
75.6
77.3
97.8%
IDEXX社等
4.3
0.8
482.1%
170.1
128.9
132.0%
51.4
25.4
201.6%
7.7
76.1
40
30
4.3
20
10
77.3
前年同期比
売上高
167.1
151.6
前年同期
内部
営業利益※
 日本市場は消費税増税による影響もあり減収となるも、グループ
関係会社 (海外)向けの内部売上の増加およびグループ間取引
価格の見直しの影響により増収増益
75.6
0
0
2011.3 2012.3 2013.3 2014.3 2015.3
1Q
1Q
1Q
1Q
1Q
内部売上高:関係会社への輸出等
外部売上高:IDEXX社等
外部売上高:日本
営業利益
 日本:凝固分野、免疫分野が堅調に推移するも、消費税増税
による影響もあり、ヘマトロジー分野の売上が減少し減収
 IDEXX社等:機器売上が好調に推移し増収
※グループ間取引価格の見直し
10/12
連結 通期業績予想
(2014年5月公表より変更なし)
2015年3月期 連結業績予想
売上高 : 2,100 億円
投資計画
営業利益 : 360 億円
営業利益率: 17.1%
設備投資 : 140 億円
通期想定為替レート:
経常利益 : 360 億円
経常利益率 : 17.1%
減価償却費 : 110 億円
1USD=¥100
1EUR=¥135
2014年3月期実績レート: 1USD=¥100.2
1EUR=¥134.4
1,845
337
1,455
1,246
1,347
182
192
179
114
191
120
2011.3
2012.3
売上高
当期純利益 :220 億円
当期純利益率: 10.5%
研究開発費 : 145 億円
2,100
360
(13.8%増)
(6.6%増)
360
(9.5%増)
328
220
229
205
(6.9%増)
218
141
2013.3
営業利益
11/12
2014.3
経常利益
2015.3
(予想)
当期利益
(単位:億円)
参考情報
(単位:億円)
2015年3月期 1Q
2014年3月期 1Q
実績
売上高
※
売上原価
※
売上総利益
※
販売管理費
営業利益
(会計表示の組替等①②を
除外した数値)
構成比
構成比
前年
同期比
会計表示の組替等
2015年3月期 1Q
①サービス ②サービス
コスト
繰延収益
の取崩
実績
構成比
395.4
100%
463.1
100%
117.1%
-
4.2
467.3
100%
151.8
38.4%
158.2
34.2%
104.2%
30.0
0.6
188.8
40.4%
243.6
61.6%
304.9
65.8%
125.2%
△30.0
3.6
278.5
59.6%
195.8
49.5%
220.9
47.7%
112.8%
△30.0
-
190.9
40.9%
47.8
12.1%
84.0
18.1%
175.7%
3.6
87.6
18.8%
-
※製商品を顧客へ届けるための運送費を販売管理費から売上原価に計上する方法にグループ内で統一しました。
2015年3月期1Qに加え、2014年3月期1Qも遡及適用後の数値となります。
12/12
<お問合せ先>
シスメックス株式会社 IR・広報部
・電話:078-265-0500
・メールアドレス:info@sysmex.co.jp