2014年度 緊急箇所整備工事(水呑138号線)実施設計書 福山市水呑町

福 山 市
2014年度
水呑138号線
福山市水呑町地内
緊急箇所整備工事(水呑138号線)実施設計書
工事延長 L=20.0m
道路幅員 W=2.0~2.2m
重力式擁壁・・・・L=28.7m
床版工・・・・・・A=25m2
工
事
概
要
舗装工・・・・・・A=11m2
特記仕様書
第1章_総則
第1節 適用
・本特記仕様書は,道路整備課 緊急箇所整備工事(水呑138号線)に適用する。
・本特記仕様書に記載のない事項については,次によるものとする。
・平成25年8月 広島県 土木工事共通仕様書,「福山市工事請負契約約款
(契約書を含む)(以下契約約款という)」
「設計図書(別冊図面,仕様書)」,「福山市建設工事執行規則」,
「福山市工事検査技術基準」
・その他関連規格類
第2節 施工計画書
・工事着手に先立ち,工事施工計画書を提出し,監督員の承認を得ること
ただし,請負金額50万円以上200万円未満の工事に関しては以下の項目のみに
省略できる。
①工事概要 ②計画実施工定表 ③現場組織表 ④安全管理 ⑤施工管理 ⑥緊急時の体制及び対応
第3節 地元への周知・地権者への承諾
1
受注者は,地先住民,町内会長,土木常設員に工事着手及び工事完了の
報告を行うこと。また,工事着手に先立ち地先住民及び貸借人には具体的
な施工内容,方法,時期等の説明を行い,承諾を得ること。
2
受注者は,工事着手の際に,あらかじめ沿線地権者に施工内容等について
の説明を行い,承諾を得ること。
3
地権者に官地内の境界杭等の有無を確認すること。境界杭等がある場合は
工事完了後,復旧することとし,地権者が境界杭等は無いと回答をした場
合であっても,境界杭等の有無を確認しながら,施工しなければならない。
受注者は地権者と現地で立会を行い,境界杭等の有無,位置等の確認を行
うこととし,事前,事後に写真記録を行い,適切に管理すること。
4
受注者は,工事着手に先立ち,地権者に民地への出入の位置を確認し,歩
道切り下げ箇所について監督員と協議すること。
5
受注者は,街路樹を植樹する近隣の地権者に街路樹を植樹する位置等の説
明を行い,承諾を得ること。
6
受注者は上記の結果を福山市指定の様式により,監督員に提出後,工事着
手すること。
第4節 現場代理人の常駐義務
・本工事において,現場代理人は常駐しなければならない。
なお,やむを得ない事情により上記の指定により難い場合は,監督員と受注
者が協議するものとする。
第2章_材料
第1節 コンクリートの配合指定あり
・鉄筋コンクリート(呼び強度21及び24)の水セメント比については55%以
下,無筋構造物のコンクリート(呼び強度18)の水セメント比については
60%以下とすること。
第3章_施工条件
第1節 工程
・ 関係機関との協議
・協議先機関名
・協議内容
・
・
工事支障物件
・調査項目
・調査時期
・移設期間
・提出書類
上下水道局
工事に支障となる配水管移設について
ガス配管位置確認
工事施工前に試掘を行うこと。
工事期間中
受注者は,工事着手に先立ち,水道管,ガス
管,その他の地下埋設物の調査を行い,施工
による不測の事態に対処するため,各管理者
(水道管の場合は監督員)に誓約書を提出す
ること。
検査期間
・本工事の工期は,工事検査期間として,14日間を見込んでいる。
第2節 安全対策
・ 交通誘導警備員
1
片側交互通行及び通行止め等の交通制限を行う場合は,関係官
公署の許可条件を遵守し,関係機関との協議を十分に行うこと。
また,地域の地元関係者等周辺を利用する市民への周知徹底を
図り,安全かつ円滑な交通を確保して事故発生の無いように努
めること。
2
作業現場,作業用地内の整理整頓に留意して必要な安全施設の
設置等を行い,関係者以外の立入りを禁止して危険防止に努め
ること。 3
本工事における交通誘導員は,交通誘導警備員Bを見込んでい
る。尚,交通誘導警備員の実施伝票は原本を提出すること。
4
本工事において交通誘導警備員の積上げ人数は,交通誘導警備
員の対象となる施工量に対し作業日当たり標準作業量から必要
な人数を見込んでいる。したがって,正当な理由がある場合を
除き,施工実績等による交通誘導員の積上げ人数の増員に対す
る変更は行わない。
5
受注者は,工事着手に先立ち,交通誘導警備員の配置計画(配
置日数及び配置場所)を作成し,監督員と協議すること。
第3節 建設副産物
・ 特定建設資材廃棄物(アスファルト塊,コンクリート塊等)
・建設リサイクル法対象工事(請負代金額500万円以上)の場合,「建
設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」を遵守し適正に処理す
ること。また,法第12条第2項に基づき,法第10条第1号から第
5号までに掲げる事項について下請負人に告知する場合は,告知書の
写しを監督員に提出すること。
・特定建設資材廃棄物は,「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(以
下「廃棄物処理法」という)を遵守し,適正に処理しなければならな
い。
・特定建設資材廃棄物は,広島県(環境局)及び保健所設置政令市(広
島市,呉市,福山市)が,廃棄物処理法に基づき許可した適正な施設
へ搬出し再資源化しなければならない。
・再資源化に要する費用(運搬費を含む処分費)は,広島県(環境局)
及び保健所設置政令市(広島市,呉市,福山市)が廃棄物処理法に基
づき許可した適正な施設のうち受入条件が合うものの中から,運搬費
と受入費合計が最も経済的になるものを見込んでいる。従って,正当
な理由がある場合を除き再資源化に要する費用(単価)は変更しない。
なお,工事発注後に明らかになったやむを得ない事情により,施設へ
の受入が困難な場合は監督員と受注者が協議するものとする。
・搬出先においては,処分状況が確認できるよう,写真撮影を行うと
ともに,数量等が確認できるように計量伝票等を監督員に提出するこ
第4章_その他
第1節 その他項目
・本特記仕様書及び設計図書に明示していない事項または,その内容に疑義
が生じた場合は,監督員の指示を受けること。
数 量 総 括 表
種 別
細 別
規 格
(工事名:緊急箇所整備工事(水呑138号線)
数 量・ 区 分
単位
数 量
計 上
備 考
擁壁工
作業土工
式
1
(
1
)
床掘り
粘性土
m3
13 .4
(
10
)
床掘り
礫質土
m3
24 .6
(
20
)
掘削
礫質土
m3
1 .1
(
1
)
埋戻し
真砂土
m3
13 .3
(
10
)
購入土
真砂土
m3
17 .7
(
20
)
残土処理
粘性土,玉石混り
m3
13 .4
(
10
)
残土処理
礫質土,玉石混り
m3
25 .7
(
30
)
重力式擁壁
13.3*1.2/0.9
式
1
(
1
)
1号重力式擁壁
18N-8-20
m3
6 .0
(
6
)
2号重力式擁壁
18N-8-20
m3
0 .4
(
0 .4
)
3号重力式擁壁
18N-8-20
m3
2 .0
(
2
)
4号重力式擁壁
24N-8-20
m
0 .6
(
0 .6
) 構造図より
5号重力式擁壁
24N-8-20
m
10 .0
(
6号重力式擁壁
18N-8-20
m3
0 .4
(
0 .4
)
橋台工
18N-8-20
m3
0 .2
(
0 .2
)
m2
23 .7
(
24
)
床版工
10
) 構造図より
コンクリート
24N-8-20
m3
4 .7
(
5
)
型枠
鉄筋構造物
m2
23 .5
(
23
)
空m3
22 .9
(
20
)
SD345 D13
kg
449 .5
(
450
)
主筋
kg
186 .0
配力筋
kg
227 .0
差筋
kg
11 .1
差筋
kg
2 .4
ずれ止め筋
kg
23 .0
18N-8-20
m3
0 .2
支保工
鉄筋
嵩上げコンクリート
(
0 .2
)
数 量 総 括 表
種 別
細 別
規 格
(工事名:緊急箇所整備工事(水呑138号線)
数 量・ 区 分
単位
型枠
無筋構造物
m2
グレーチング
700×700用
数 量
計 上
備 考
1 .7
(
2
)
箇所
2
(
2
)
式
1
(
1
)
m3
6 .1
(
6
)
式
1
(
1
)
排水構造物工
場所打水路工
底張工
18N-8-20
舗装工
車道舗装工
路盤
RC-30 t=120
m2
10 .6
(
11
)
表層
再生密粒度As(20) t=30
m2
10 .6
(
11
)
構造物撤去工
構造物取壊工
式
1
(
1
)
コンクリート構造物取壊し
m3
4 .9
(
5
)
舗装版切断
m
22 .0
(
22
)
舗装版破砕
BH0.13
m2
21 .9
(
22
)
殻運搬処理
無筋コンクリート殻
m3
4 .9
(
5
)
殻運搬処理
アスファルト殻
m3
1 .1
(
1
)
処分費
無筋コンクリート殻
t
11 .52
(
10
)
処分費
アスファルト殻
t
2 .59
(
3
)
式
1
(
1
)
(
12
)
防護柵工
防止柵工
転落防止柵
H=1.1m
m
12 .0
仮設工
仮設工
式
1
(
1
)
土のう締切り
拵え,積立,撤去
m2
1 .3
(
1
)
暗渠排水管
据付・撤去φ300
m
22 .0
(
22
)
(
1
)
水替排水工
式
1
計第 1-1 表
作 業 土 工
床 掘 (E)
測 点
計 算 表
床 掘 (E(SE))
埋 戻 (Fu(真砂土))
掘 削 (C(SE))
距 離
摘 要
断面積 平 均 立 積 断面積 平 均 立 積 断面積 平 均 立 積 断面積 平 均 立 積
【左岸】
SECT.0.0
0.2
SECT.6.3
6.30
0.2
0.06
0.20
1.3
1.9
SECT.9.4
3.10
3.2
0.60
3.6
2.55
7.9
5.00
1.2
3.55
2.1
5.00
1.1
0.80
0.80
1.55
7.8
0.50
0.80
2.5
5.5
0.40
0.03
0.2 〃
0.07
3号重力式擁壁
0.08
0.2 〃
0.08
0.80
0.5
0.08
4号重力式擁壁
0.08
0.1 〃
0.06
0.55
2.8
0.40
1.10
0.03
橋台
0.09
0.60
1.1
SECT.20.0
0.4
0.80
1.9
SECT.15.0
0.06
0.80
3.5
SECT.10.0
0.06
0.03
0.06
5号重力式擁壁
0.06
0.3 〃
0.06
0.40
2.0
0.06
〃
0.06
0.3 〃
【右岸】
SECT.0.0
1.1
SECT.6.3
6.30
1.3
0.50
1.20
7.6
0.40
1.3
SECT.9.4
3.10
1.9
合 計
0.60
1.3
0.45
2.8
〃
0.40
1.60
5.0
0.80
1.3
SECT.10.0
1号重力式擁壁
〃
0.60
1.9
〃
0.80
1.30
0.8
13.4
0.60
24.6
2号重力式擁壁
0.70
0.4
13.3
〃
1.1
計第 2 表
各種数量
計 算 表
1号コンクリート擁壁工(18N-8-20)
測 点
距 離
摘 要
上幅
下幅
H
面 積
平 均
体 積
【右岸】
下幅=上幅+H×0.3
SECT.0.0
SECT.9.4
合 計
9.40
0.30
0.69
1.30
0.64
0.30
0.69
1.30
0.64
0.64
6.0
9.40
6.0
各種数量
計 算 表
2号コンクリート擁壁工(18N-8-20)
測 点
距 離
摘 要
上幅
下幅
H
面 積
平 均
体 積
【右岸】
下幅=上幅+H×0.3
SECT.9.4
SECT.10.0
合 計
0.60
0.24
0.69
1.50
0.70
0.24
0.69
1.50
0.70
0.70
0.4
0.60
0.4
各種数量
計 算 表
6号コンクリート擁壁工(18N-8-20)
測 点
距 離
摘 要
上幅
下幅
H
面 積
平 均
体 積
【右岸】
SECT.10.0
SECT.15.0
合 計
5.00
5.00
0.15
0.15
0.65
0.10
0.15
0.15
0.30
0.05
0.08
0.4
0.4
計第 3 表
各種数量
計 算 表
橋台工(18N-8-20)
測 点
距 離
摘 要
上幅
下幅
H
面 積
平 均
体 積
【左岸】
SECT.0.0
SECT.6.3
合 計
6.30
0.30
0.30
0.10
0.03
0.30
0.30
0.10
0.03
0.03
0.2
6.30
0.2
各種数量
計 算 表
3号コンクリート擁壁工(18N-8-20)
測 点
距 離
摘 要
上幅
下幅
H
面 積
平 均
体 積
【左岸】
下幅=上幅+H×0.3
SECT.6.3
SECT.9.4
合 計
3.10
0.30
0.69
1.30
0.64
0.30
0.69
1.30
0.64
0.64
2.0
3.10
2.0
各種数量
計 算 表
6号コンクリート擁壁工(18N-8-20)
測 点
距 離
摘 要
上幅
合 計
下幅
H
面 積
平 均
体 積
計第 4 表
各種数量
計 算 表
底張工(18N-8-20)
測 点
距 離
コンクリート(18N-8-20)
t
上幅
下幅
面 積
平 均
体 積
SECT.0.0
0.20
1.40
1.28
0.27
SECT6.3
6.30
0.20
1.40
1.28
0.27
0.27
1.70
SECT.9.4
3.10
0.20
1.40
1.28
0.27
0.27
0.84
0.20
1.40
1.28
0.27
0.85
1.79
1.28
1.30
0.79
0.47
0.20
1.56
1.56
0.31
0.20
1.13
1.13
0.23
0.27
1.35
0.20
1.58
1.58
0.32
0.20
1.58
1.58
0.32
0.32
1.60
0.10
0.30
0.30
0.03
0.10
0.30
0.30
0.03
0.03
0.15
SECT.10.0
SECT.15.0
SECT.20.0
0.60
5.00
5.00
SECT.10.0
SECT.15.0
5.00
小 計
6.11
6.11-(0.322+0.262)/2×0.2×0.6=
合 計
摘 要
6.07
H
斜 率 斜 長 平 均
面 積
計第 5 表
各種数量
計 算 表
表層(再生密粒度As(20) t=30)
測 点
路盤(RC-30 t=120)
距 離
摘 要
幅
平 均
SECT0.0
0.30
SECT6.3
6.30
0.30
面 積
幅
3.10
0.70
0.30
1.9
0.60
0.80
0.70
2.2
5.00
0.60
0.80
0.5
合 計
5.00
20.0
0.60
1.9
0.70
0.70
2.2
0.80
0.80
0.5
0.60
3.0
0.60
3.0
0.60
0.60
3.0
0.60
SECT20.0
0.30
0.80
0.60
SECT15.0
0.30
0.70
0.80
SECT10.0
面 積
0.30
0.70
SECT9.4
平 均
0.60
0.60
0.60
3.0
10.6
0.60
10.6
計第 6 表
取 壊 工
計 算 表
コンクリート取壊し (C(Co))
測 点
摘 要
距 離
断面積
SECT0.0
0.40
SECT6.3
6.30
0.40
平 均
体 積
0.40
2.52
0.10
0.31
0.15
0.09
0.20
1.00
0.20
1.00
0.10
SECT9.4
3.10
0.10
0.10
SECT10.0
0.60
0.20
0.20
SECT15.0
5.00
0.20
0.20
SECT20.0
合 計
5.00
0.20
4.9
計第 7 表
取 壊 工
舗装版破砕 (C(As))
測 点
計 算 表
舗装版切断
距 離
摘 要
幅
平 均
SECT0.0
0.90
SECT6.3
6.30
0.90
面 積
幅
起点
0.90
5.67
1.40
4.34
0.90
20.00
1.40
SECT9.4
3.10
1.40
1.50
SECT10.0
0.60
1.50
終点
1.50
0.90
1.10
5.50
1.10
5.50
1.10
1.1
SECT15.0
5.00
1.1
1.1
SECT20.0
合 計
5.00
1.1
20.0
21.9
21.9 ×0.05(厚)=
1.1
×2.35=
2.59
22.0
床版工
材 料 計 算 書
9.4×2.63-0.7×0.7×2
A=
規 格
単位
コンクリート
24N-8-20
m3
23.7×0.20
型枠
鉄筋構造物
m2
23.7-9.4×0.60+24.06×0.2+0.7×8×0.11
23.49
1.9(CADの計測機能による)×9.4
22.88
空m3
式
m2
名 称
支保
算
23.7
数 量
4.74
主筋 S1
SD345 D13
kg
(2.33×84-0.8×6-0.97×4)×0.995
186.10
配力筋 S2
〃
kg
(9.3×22-0.8×6-0.97×4+1.6×4+(1.67+1.53)×8)×0.995
226.78
差筋 S3
〃
kg
0.35×32×0.995
11.14
差筋 S5
SD345 D13
kg
0.15×16×0.995
2.39
ずれ止め筋 S4
〃
kg
0.34×68×0.995
23.00
嵩上げコンクリート
18N-8-20
m3
0.1×0.2×8.5
0.17
型枠
無筋構造物
m2
0.1×8.5×2
1.70
図面番号
1/7
縮 尺
工 種
緊急箇所整備工事
種 別
位置図
路 線 名
水呑138号線
工事箇所
福山市水呑町地内
S=1:10,000
番
号
福 山 市
工事施工箇所
図面番号 2/7 縮 尺
工 種 緊急箇所整備工事
種 別 平面図・標準横断図
路 線 名 水呑138号線
図 示
標 準 横 断 図
S=1:50
工事箇所 福山市水呑町地内
福 山 市
道路幅員 W=2.0~2.2m
平
面
図
H=0.10
H=1.30
S=1/250
1:0 .
W2:路盤 RC-30 t=12cm
3
1: 0.
1:0.0
W1:表層 再生アスファルト(13)t=3cm
3
W1:表層
W2:路盤
C(As):既設アスファルト取り壊し
C(SE):掘削(礫質土)
E (E):床堀(粘性土)
Fu(真砂土):埋戻(真砂土)
起点
工事
橋台3m
.
L=6
グ
ー チン
ク ゙レ 箇 所
N =2
工事
終点
. 0m
= 20 ㎡
L
.0
延 長 A= 1 1
工事 工 擁壁
力式 m
舗装
重
1
3 号 L =3 .
壁
式擁
擁壁
力
式
m
重
重 力 0m
4 号 L= 0 .6
5 号 L = 10 .
E (SE):床堀(礫質土)
Fu(真砂土):埋戻(真砂土)
C(Co):既設コンクリート取り壊し
CoV:底張工
ート
ンクリ m
コ
げ
.5
嵩 上 L= 8
擁壁
力式4m
重
1 号 L =9 .
㎡
3. 7
A= 2
工
庄版
壁
式擁
力
m
6
重
2号 L= 0 .
壁
式擁
力
m
0
重
m
6 号 L= 5 .
2 .0
L =1
3
=4m
止柵
V
防
工
転落
底張
道路幅員 W=2.0~2.2m
H=0.3
H=0.9
W1:表層 再生アスファルト(13)t=3cm
W2:路盤 RC-30 t=12cm
E (SE):床堀(礫質土)
Fu(真砂土):埋戻(真砂土)
C(Co):既設コンクリート取り壊し
CoV:底張工
W1:表層
W2:路盤
C(As):既設アスファルト取り壊し
C(SE):掘削(礫質土)
図 示
図面番号 3/7 縮 尺
工 種 緊急箇所整備工事
種 別 横
断
図
路 線 名 水呑138号線
横
断
図
S=1:100
D=5.0
同断
ST.15.0
工事箇所 福山市水呑町地内
240 1,090 1,430
右岸
福 山 市
300 750
150
1,210
左岸
右岸
左岸
H=1.55
H=1.50
H=0.9
100
100
200
H=0.3
200
W1,W2:0.8
C(As):1.5
C(SE):0.08
E(E):1.3
Fu(真砂土):0.8
W1,W2:0.6
C(As):1.1
C(SE):0.06
E(SE):1.2
Fu(真砂土):0.5
C(Co):0.2
CoV:0.3
E(SE):3.5
Fu(真砂土):0.8
C(Co):0.1
CoV:0.2
1,128 322
1,450
60 1,018 322
1,400
工事終点
D=3.1
D=0.6
ST.6.3
同断
ST.20.0
ST.9.4
2,630
2,030
300
右岸
300
200
左岸
右岸
右岸
左岸
E(SE):0.2
Fu(真砂土):0.06
C(Co):0.4
CoV:0.3
200
200
E(SE):1.9
Fu(真砂土):0.6
C(Co):0.2
CoV:0.3
60 1,280 60
1,400
同断
舗装切断
L=0.9
300
300
200
200
W1,W2:0.3
C(As):0.9
C(SE):0.03
60 1,280 60
1,400
300
240 1,090
左岸
H=1.30
E(E):1.3
Fu(真砂土):0.4
1,210
左岸
H=1.50
W1,W2:0.7
C(As):1.4
C(SE):0.09
E(SE):1.9
Fu(真砂土):0.8
C(Co):0.1
CoV:0.3
1,430
右岸
H=1.30
60 1,280 60
1,400
同断
ST.10.0
200
H=0.10
E(SE):0.2
Fu(真砂土):0.06
C(Co):0.4
CoV:0.3
2,630
2,030
右岸
200 100
左岸
E(E):1.1
Fu(真砂土):0.5
1,578 322
1,900
H=1.55
H=0.9
W1,W2:0.8
C(As):1.5
C(SE):0.08
850
2,630
2,030
右岸
H=1.30
W1,W2:0.6
C(As):1.1
C(SE):0.06
D=5.0
ST.0.0
300
200
E(SE):1.1
Fu(真砂土):0.4
C(Co):0.2
CoV:0.3
E(SE):3.2
Fu(真砂土):0.8
C(Co):0.1
CoV:0.3
D=6.3
工事起点
W1,W2:0.6
C(As):1.1
C(SE):0.06
1,558 322
1,880
L=20.0
舗装切断
60 1,280 60
1,400
W1,W2:0.7
C(As):1.4
C(SE):0.07
E(E):1.9
Fu(真砂土):0.8
H=0.9
200 100
100
200 100
200
E(E):1.3
Fu(真砂土):0.4
200 100
H=0.9
H=0.65
H=1.30
H=1.30
W1,W2:0.3
C(As):0.9
C(SE):0.03
L=1.1
左岸
H=0.10
H=1.30
1,210
300 1,180 1,210
150
300
E(E):1.3
Fu(真砂土):0.6
E(SE):3.6
Fu(真砂土):0.8
C(Co):0.2
CoV:1.2
255 1,018 322 195
1,790
200
300
200
舗装切断
200
2,630
2,030
E(SE):1.1
Fu(真砂土):0.4
C(Co):0.2
CoV:0.3
1,578 322
1,900
W1,W2:0.6
C(As):1.1
C(SE):0.06
図
図面番号 4/7 縮 尺
工 種 緊急箇所整備工事
種 別 構造図
路 線 名 水呑138号線
示
転落防止柵(P種)
S=1/20
2000
コンクリート建込用(W)
工事箇所 福山市水呑町地内
反射タイプ
φ42.7×2.3
底
張
270
福 山 市
工
1128~1790
270
S=1:30
1100
270
100
200~850
300
18N-8-20
269
18N-8-20
円形空洞型枠φ90
φ60.5×3.2
φ60.5×3.2
200
1018~1578
設計条件
設計荷重・・・防護柵の設置基準・同解説のP種に基づく。
グレーチング
S=1:20
モルタル
備考
1.外装は亜鉛・アルミ・マグネシウム合金めっきの上アク
リル樹脂静電粉体塗装とする。但し、ボルト・ナット類
は溶融亜鉛めっきのみとする。
700
(曲柱,4段ビーム,センタービーム)
2号重力式擁壁工
3号重力式擁壁工
S=1:30
S=1:30
1号重力式擁壁工
S=1:30
240
300
300
H
1:0.0
1:0
1:0.0
H
.3
1:0.0
H
.3
S=1:30
S=1:30
1:0
1:0
橋台工
6号重力式擁壁工
.3
桝穴:700×700用(ボルト固定式)
T-25
コンクリート
18N-8-20
コンクリート
18N-8-20
300
コンクリート
18N-8-20
150
底張工
100
100
底張工
底張工
H
100
コンクリート
18N-8-20
100
底張工
100
コンクリート
18N-8-20
底張工
B
100
100
100 150 100
100
350
橋台高
擁壁高
幅
H
B
H
H
B
ST.0.0
1.30
0.69
ST.0.0
0.10
0.30
ST.9.4
1.30
0.69
ST.6.3
0.10
0.30
幅
B
均 し コンクリート
18N-8-20
t=100
0.65
0.15
ST.15.0
0.30
0.15
擁壁高
幅
H
B
幅
H
B
ST.6.3
1.30
0.69
ST.9.4
1.50
0.69
ST.9.4
1.30
0.69
ST.10.0
1.50
0.69
測点
〔仕 様〕
ST.10.0
100
擁壁高
測点
測点
100
幅
測点
測点
擁壁高
B
B+200
均 し コンクリート
18N-8-20
t=100
B
B+200
100
B+200
均 し コンクリート
18N-8-20
t=100
1. コンクリート 呼び強度 σck=18N/mm2
2. 水抜きは2.5m2当たり1ヶ所とし大きさはVU管呼び径φ50mmとする。
なお,排水孔には土砂流出防止網(ANマット150×150溶着型と同等以上)を設置する
均 し コンクリート
18N-8-20
t=100
図面番号 5/7 縮 尺
工 種 緊急箇所整備工事
種 別 構 造 図
路 線 名 水呑138号線
図 示
工事箇所 福山市水呑町地内
福 山 市
4号重力式擁壁工
S=1:30
配筋図
1401
4×300=1200
50
1001
101 50
400
211 50
2×250=500
1550
50
46
250
250
48 152 50
S1 [email protected]
260
1550
1004
1:0.
3
1:0.0
S2 [email protected]
419
コンクリート
18N-8-20
400 100
10m 当 り
計上
12
41
1
2
460
110
250
9
S3 [email protected]
均 し コンクリート
18N-8-20
t=100
3×250=750
50 173
50
1023
1301
971
923
S1 8-D19×2557
S3 4-D13×923
鉄 筋 重量 表
記号
径
S1
D19
S2
D16
S3
D13
S4
D13
長さ
2557
1740
923
1000
本数
8
4
4
21
単 位 重量 1本当り重量
2.25
5.753
1.56
2.714
0.995
0.918
0.995
0.995
1m 当り
重量
46.0
10.9
3.7
20.9
81.5 kg
285
合計
総重 量
1303
D19
D16
D13
46.0
10.9
24.6
81.5 kg
1000
285
301
1223
単位
m3
m2
m3
m2
kg
kg
kg
空m3
152
100 322
数量
12.00
41.01
1.22
2.0
460.0
109.0
246.0
8.77
110
250
110 140
100
底張工
100
250
285
数量表
種別
算式
((0.25+0.296)/2*1.001+0.296*0.4+(0.4+0.701)/2*1.004+0.25*1.023)*10.0
コンクリート
型枠
(0.25+1.002+1.049+0.25+1.55)*10.0
均しコンクリート 1.223*0.10*10.0
型枠
0.2*10.0
鉄筋
46.0*10.0
D19 鉄 筋 数量 表 より
D16 鉄 筋 数量 表 より
10.9*10.0
D13 鉄 筋 数量 表 より
24.6*10.0
支保工
(1.001*1.004+1.001*0.046/2-0.301*1.004/2)*10.0
S4 21-D13×1000
S2 4-D16×1740
〔仕 様〕
1. コンクリート 呼び強度 σck=24N/mm2
2. 水抜きは2.5m2当たり1ヶ所とし大きさはVU管呼び径φ50mmとする。
なお,排水孔には土砂流出防止網(ANマット150×150溶着型と同等以上)を設置する
図 示
図面番号 6/7 縮 尺
工 種 緊急箇所整備工事
種 別 構 造 図
路 線 名 水呑138号線
工事箇所 福山市水呑町地内
福 山 市
5号重力式擁壁工
S=1:30
配筋図
809
400
1209
3×300=900
50
209 50
1:0.0
1:0
203 50
110 137 2×200=400
900
900
.3
37
363
コンクリート
18N-8-20
S2 [email protected]
S4 D13
100
底張工
100
S3 [email protected]
100 322 109 400 100
1031
均 し コンクリート
18N-8-20
t=100
50 231
2×250=500
831
数量 表
算式
種別
コンクリート
((0.25+0.287)/2*0.809+0.287*0.4+(0.4+0.509)/2*0.363+0.25*0.831)*10.0
(0.25+0.810+0.379+0.25+0.90)*10.0
型枠
均しコンクリート 1.031*0.10*10.0
型枠
0.2*10.0
鉄筋
D19 鉄筋 数 量表 よ り
38.4*10.0
9.7*10.0
D16 鉄筋 数 量表 よ り
18.8*10.0
D13 鉄筋 数 量表 よ り
支保 工
(0.809*0.363+0.809*0.037/2-0.109*0.363/2)*10.0
数量
7.05
25.89
1.03
2.0
384.0
97.0
188.0
2.89
単位
m3
m2
m3
m2
kg
kg
kg
空m 3
10m 当 り
計上
7
26
1
2
380
100
190
3
50
1109
731
740
250
250
48 152 50
250
S1 [email protected]
S1 8-D19×2134
S3 4-D13×731
1m当 り
鉄筋 重 量表
記号
径
S1
D19
S2
D16
S3
D13
S4
D13
285
合計
総重 量
長さ
2134
1547
731
1000
D19
D16
D13
本数
8
4
4
16
単 位 重量 1本当り重量
2.25
4.802
1.56
2.413
0.995
0.727
0.995
0.995
重量
38.4
9.7
2.9
15.9
66.9 kg
38.4
9.7
18.8
66.9 k g
1000
285
152
1110
S4 16-D13×1000
S2 4-D16×1547
〔仕 様〕
1. コンクリート 呼び強度 σck=24N/mm2
2. 水抜きは2.5m2当たり1ヶ所とし大きさはVU管呼び径φ50mmとする。
なお,排水孔には土砂流出防止網(ANマット150×150溶着型と同等以上)を設置する
図面番号 7/7 縮 尺
工 種 緊急箇所整備工事
種 別 構
造
図
路 線 名 水呑138号線
図 示
床
版
橋
工事箇所 福山市水呑町地内
S=1:50
福 山 市
平
上
面
図
面
9400
50
50
9300
断 面 図
2100
2630
S1 [email protected]
230 150
S2 [email protected]
S1 D13
150
230 150
S2 D13
2200
200
2100
S4 D13
S5 [email protected]
130 150
2630
下
面
9400
200
150
18N-8-20
50
S1 [email protected]
S=1:20
9300
S2 [email protected]
2200
嵩上げコンクリート
2630
130 150
50
100
S3 [email protected]
100
50 50
200
150
150
2630
※グレーチングの位置については,必ず監督員に確認すること。