attachment_id=1240

Lufthansa が IBM DataStage をTalend に
リプレース
適用分野:
Lufthansa Technik Logistik Servicesは、Lufthansa Technik AGとLufthansa Cargo AG (LCAG)の
合弁事業として1998年に設立されました。航空セクター向けのロジスティクス・サービス提供
■ 業種: 航空
■ 地域: ドイツ
■ URL:
http://www.lufthansa.com/
を専門とし、飛行設備のメンテナンス、修理およびオーバーホール業務におけるロジスティ
クスのバリューチェーン全体に関する責任を負っています。また、ワンストップ・ショップ ソ
リューションのような、顧客個別のロジスティクス サービスも提供。過去4年間で、売上高は
既に2倍となっており、1億ユーロを超えています。現在、同社は、Lufthansa Technikの100%
■ 導入目的
・DWH構築
・MySQL接続
・SAPデータの読み取り/書き出し
・大規模マスタデータの変換/ロード
・航空機データの迅速な処理
子会社となり、850名の従業員を擁しています。
■ 導入の経緯: IBM DataStageのリプレースを機にTalendを検討
・ 「データウェアハウスにデータをロード」するためのデータ統合ツールとして使用していた
IBM DataStageのリプレースを決定
・データ統合の用途で既に使用していたTalendに注目。リプレース対象として検討を開始
■ Talend選定のポイント: ダッシュボード、イベント・スケジューラ、リモート実行機能を評価
当初、TalendはPentahoと競合比較されましたが、PoC(機能検証)で良好な結果が得られた
ため、同社は、提供機能の完全性・網羅性と容易な操作性により、最終的にTalendを選択し
ました。Lufthansa Technik Logistik社では、Talendの提供機能の中で、以下を評価しました。
・ダッシュボード機能
・イベント・スケジューラ機能
・ リモート実行機能
また、Talendおよびその主要提携先であり、PoCを成功に導いたシステムインテグレーター
のSole Solutions社によるオープンコミュニケーションにも高い評価を下しています。
■ 今後の展望: MySQL接続、SAPデータ対応、大規模マスタデータの変換等に活用
現在、進行中のプロジェクトですが、Lufthansaでは、以下に示すさまざまなデータ処理に
Talendを使用する予定となっています。
・ MySQLへの接続および、(FTPインターフェースと同様に)SAPデータを読み書きするための
主要インターフェース
・ 大規模なマスタデータ(製造工程データ、請求データ、物流データ)の変換とロード
・ 航空機データ(例:航空機のための予備部品の配送)の迅速な処理
[email protected] までお問い合わせ下さい。