ソフトバンク LTEサービスのトラフィック集約・転送システムを構築

2017 年 3 月 7 日
報道関係各位
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
東京都千代田区霞が関 3-2-5 霞が関ビル
代表取締役社長 菊地 哲
ソフトバンク LTE サービスのトラフィック集約・転送システムを構築
米国ビッグスイッチネットワークス社の SDN ソリューションを活用
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、以下:CTC)は、
ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下:ソフトバンク)の LTE サー
ビスのトラフィック集約・転送システムを構築しました。本システムには、ソフトウェアでネットワークを制御するソフト
ウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)技術を採用しており、米国ビッグスイッチネットワーク社の SDN ソリュー
ション「Big Monitoring Fabric」を導入しました。2017 年 2 月に稼働を開始しています。
安定したモバイル通信環境を提供するためには、通信データの収集と様々な解析が必要となります。今回、全
通信データから LTE サービスのトラフィックデータを収集・集約し解析システムに転送するシステムの更改が行わ
れ、高性能で運用性に優れた SDN 技術が採用されました。データの転送速度向上と運用コストの削減を実現し
ます。
Big Monitoring Fabric は、パフォーマンスに影響することなくネットワークトラフィックの可視化を実現し、低コス
トで導入・運用が可能な SDN ソリューションです。今回のシステムでは、最新のホワイトボックススイッチ※1 との併
用により、ネットワークで接続された各機器のソフトウェア更新やハードウェア交換時の再設定などの運用業務を
効率化し、転送速度の向上とトータルコストの削減を図ります。また、このシステムでは、ネットワーク全域をモニタ
リングすることができ、ネットワーク管理者による多方面なトラフィック解析を可能にします。
CTC では今後も、これまでに培ったマルチベンダー環境でのシステム構築と運用のノウハウに加え、最新の
SDN やネットワーク機能を仮想化する製品を積極的に活用し、高性能で安定した通信インフラを提供します。
※1 ホワイトボックススイッチ:ソフトウェアを含まないネットワークスイッチ。ソフトウェアとハードウェアが統合さ
れた従来のスイッチと異なり、OSを含むソフトウェアをユーザーが選択できます。従来型のスイッチよりも安価で、既に
大規模データセンターなどで利用が始まっています。
※ 記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
以上
<本件に関するお問い合わせ先>
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部
TEL:03-6203-4100/E-mail:p[email protected]
1/1