住友化学の発行体格付をA-からA[安定的]に変更

NEWS RELEASE
2016年10月03日
【格付変更/維持】
住友化学
発行体格付: A- → A [格付の方向性:安定的]
コマーシャルペーパー: a-1(維持)
格付投資情報センター(R&I)は上記の格付を公表しました。
【格付理由】
事業ポートフォリオ改革の取り組みが奏功、経営環境が変化する中でも比較的底堅く利益・キャッ
シュフローを獲得できる体制が整ってきた。課題であった財務バランスの改善が進んでいるうえ、今後
も財務規律重視の投資戦略を継続する方針で、中期的にもAゾーン中位に見合う財務基盤を維持できる可
能性が高い。今回の格付変更は、以上のようなR&Iの見解を反映している。格付の方向性は安定的。
住友化学は総合化学大手として多様な事業を展開。農薬や飼料添加物、偏光フィルムやタッチセン
サーなどの情報電子化学製品、接着材用原料や機能樹脂、電池材料等のエネルギー・機能材料といった
スペシャリティケミカルのウエートが高い。国内石化拠点の再編など素材事業の構造改革も進展。円高
進行など事業環境には逆風が吹いているが、収益力・キャッシュフロー創出力には底堅さが見出せる。
稼ぎ頭の1つであった偏光フィルムは、液晶ディスプレイ業界で構造変化が進む中、かつてのような利
益を確保し難くなっている。成熟事業としてキャッシュフロー重視の戦略に舵を切る計画だ。一方、有
機発光ダイオード(OLED)用のタッチセンサーパネルは今後も成長が期待できる。電子工業用薬品(プ
ロセスケミカル)などでも競争力があり、情報電子化学事業全体として一定の利益を確保できよう。
サウジアラビアの持分法適用会社Petro Rabighでは、総投資額81億ドルの第2期工事が進行中。やや遅
れが出ている模様だが、設計・調達・建設に関わる深刻なトラブルは今のところなく、2016年春にはエ
タンクラッカーが一足先に稼働開始した。プロジェクトファイナンスに対する最大26億ドルの完工保証
が解除されるまで少し時間がかかりそうだが、設備が正常に立ち上がることを評価の前提としている。
農薬業界では上位企業の再編が進んでいる。住友化学は持分法適用会社Nufarmとの連携をテコに、得
意とする剤やエリアを選定しながら積極展開を進める方針だ。パイプライン(新薬候補)が比較的充実
している点も強み。飼料添加物は国内で能力増強を決定、2018年半ば以降の利益貢献が期待できよう。
50%強出資する大日本住友製薬では、大型薬に育った非定型抗精神病薬「ラツーダ」の米国特許が
2019年初に満了する。同社ではパテントクリフに備え、抗がん剤のほか、中枢神経系領域などで複数の
候補薬の開発を進めている。国内事業の構造改革にも着手している。それでも2020年3月期頃には業績が
落ち込む懸念があるが、住友化学グループ全体でみれば、その影響は吸収可能とみている。
事業構造改革費用を吸収したうえで自己資本の蓄積が進むなど、財務的な負担余力は向上している。
住友化学は将来、Petro Rabighに1000億円の追加出資を予定しており、1期2期合計の投融資額は約25億
ドルにのぼる見通しだ。同社からの投資回収が進むには相当の時間を要することになりそうで、その
間、投資の価値を部分的に損なう可能性を否定できない。だが、こうしたリスクを一定程度織り込んだ
としても、格付に見合う財務基盤を維持できる可能性が高いと判断している。
■お問合せ先 :インベスターズ・サービス管理部 TEL.03-3276-3511 E-mail [email protected]
■報道関係のお問合せ先 :経営企画室(広報担当) TEL.03-3276-3438
株式
会社
格付投資情報センター
〒103-0027東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング http://www.r-i.co.jp
信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見であり、事実の表明ではありませ
ん。また、R&Iは、信用リスク以外のリスクにつき意見を表明するものではなく、投資判断や財務に関する助言や、投資の是非等の推奨をするものではありません。R&Iは、信用格付に
際し関連情報の正確性等につき独自の検証を行っておらず、これに関し何ら表明も保証もいたしません。R&Iは、信用格付(変更・取り下げ等を含む)に関連して発生する損害等につ
き、何ら責任を負いません。信用格付は、原則として発行体から対価を受領して実施したものです。なお、詳細につきhttp://www.r-i.co.jp/jpn/policy/policy.html をご覧下さい。
ⓒRating and Investment Information, Inc.
NEWS RELEASE
【格付対象】
発行者:住友化学(証券コード:4005)
名称
格付
格付の方向性
発行体格付
A- → A
安定的
名称
発行予定額
(億円)
発行予定期間
予備格付
発行登録(社債)
1,000
2016年06月17日~2018年06月16日
A- → A
名称
発行総額
(億円)
発行日
償還日
格付
第36回無担保社債
250
2007年02月27日
2017年02月27日
A- → A
第37回無担保社債
200
2007年09月18日
2017年09月15日
A- → A
第38回無担保社債
200
2008年04月22日
2018年04月20日
A- → A
第40回無担保社債
70
2008年12月22日
2018年12月21日
A- → A
第41回無担保社債
200
2009年10月20日
2019年10月18日
A- → A
第43回無担保社債
350
2010年04月23日
2020年04月23日
A- → A
第45回無担保社債
200
2011年10月28日
2021年10月28日
A- → A
第46回無担保社債
250
2012年09月21日
2017年09月21日
A- → A
第47回無担保社債
100
2013年06月12日
2020年06月12日
A- → A
第48回無担保社債
400
2013年06月12日
2018年06月12日
A- → A
第49回無担保社債
100
2014年04月25日
2024年04月25日
A- → A
第50回無担保社債
100
2014年04月25日
2021年04月23日
A- → A
第51回無担保社債
100
2014年04月25日
2019年04月25日
A- → A
第52回無担保社債
100
2016年09月01日
2036年09月01日
A- → A
第53回無担保社債
100
2016年09月01日
2026年09月01日
A- → A
第54回無担保社債
100
2016年09月01日
2023年09月01日
A- → A
名称
発行限度額
(億円)
担保・保証
保証会社等
格付
コマーシャルペーパー
1,800
無担保
a-1(維持)
☆ 予備格付は、個別債務の最終的な条件が決定されていない段階で予備的な信用格付が必要となる場合
に、付与する評価です。個別債務の最終的な契約内容等によっては、予備格付とは異なる信用格付が
付されることがあります。
■お問合せ先 :インベスターズ・サービス管理部 TEL.03-3276-3511 E-mail [email protected]jp
■報道関係のお問合せ先 :経営企画室(広報担当) TEL.03-3276-3438
株式
会社
格付投資情報センター
〒103-0027東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング http://www.r-i.co.jp
信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見であり、事実の表明ではありませ
ん。また、R&Iは、信用リスク以外のリスクにつき意見を表明するものではなく、投資判断や財務に関する助言や、投資の是非等の推奨をするものではありません。R&Iは、信用格付に
際し関連情報の正確性等につき独自の検証を行っておらず、これに関し何ら表明も保証もいたしません。R&Iは、信用格付(変更・取り下げ等を含む)に関連して発生する損害等につ
き、何ら責任を負いません。信用格付は、原則として発行体から対価を受領して実施したものです。なお、詳細につきhttp://www.r-i.co.jp/jpn/policy/policy.html をご覧下さい。
ⓒRating and Investment Information, Inc.
NEWS RELEASE
信用格付に関わる事項
信用格付業者
登録番号
株式会社格付投資情報センター
金融庁長官(格付)第6号
直近一年以内に講じられた監督上の措置は、ありません。
主任格付アナリスト
鈴木 俊行
信用格付の付与について
代表して責任を有する者
細田 弘
信用格付を付与した日
2016年09月28日
主要な格付方法
事業法人等の信用格付の基本的な考え方 [2015.05.01]
化学 [2015.03.25]
上記格付方法は、格付を行うにあたり考慮した他の格付方法とともに以下のウェブサイトに掲載して
います。
http://www.r-i.co.jp/jpn/cfp/about/methodology/index.html
評価の前提は、以下のウェブサイトの格付付与方針に掲載しています。
http://www.r-i.co.jp/jpn/ratingpolicy/index.html
格付符号とその定義は、以下のウェブサイトに掲載しています。
http://www.r-i.co.jp/jpn/cfp/about/definition/index.html
格付関係者
住友化学
注 格付関係者は、金融商品取引業等に関する内閣府令第三百七条に基づいて、R&Iが判断したものです。
利用した主要な情報 決算書類、開示情報
品質確保のための措置 公認会計士の監査済みである、またはそれに準じた信頼性が確保さ
れている決算書類であること。一般に開示された、またはそれに準
じた信頼性が確保されている情報であること。
情報提供者 格付関係者
信用格付の前提、意義及び限界
R&Iの信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定
通りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見です。R&Iは信用格付によって、個々の債務等
の流動性リスク、市場価値リスク、価格変動リスク等、信用リスク以外のリスクについて、何ら意見
を表明するものではありません。信用格付は、いかなる意味においても、現在・過去・将来の事実の
表明ではありません。また、R&Iは、明示・黙示を問わず、提供する信用格付、又はその他の意見に
ついての正確性、適時性、完全性、商品性、及び特定目的への適合性その他一切の事項について、い
かなる保証もしていません。
R&Iは、信用格付を行うに際して用いた情報に対し、品質確保の措置を講じていますが、これらの
情報の正確性等について独自に検証しているわけではありません。R&Iは、必要と判断した場合に
は、信用格付を変更することがあります。また、資料・情報の不足や、その他の状況により、信用格
付を保留したり、取り下げたりすることがあります。
利息・配当の繰り延べ、元本の返済猶予、債務免除等の条項がある債務等の格付は、その蓋然性が
高まったとR&Iが判断した場合、発行体格付又は保険金支払能力とのノッチ差を拡大することがあり
ます。
■お問合せ先 :インベスターズ・サービス管理部 TEL.03-3276-3511 E-mail [email protected]
■報道関係のお問合せ先 :経営企画室(広報担当) TEL.03-3276-3438
株式
会社
格付投資情報センター
〒103-0027東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング http://www.r-i.co.jp
信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見であり、事実の表明ではありませ
ん。また、R&Iは、信用リスク以外のリスクにつき意見を表明するものではなく、投資判断や財務に関する助言や、投資の是非等の推奨をするものではありません。R&Iは、信用格付に
際し関連情報の正確性等につき独自の検証を行っておらず、これに関し何ら表明も保証もいたしません。R&Iは、信用格付(変更・取り下げ等を含む)に関連して発生する損害等につ
き、何ら責任を負いません。信用格付は、原則として発行体から対価を受領して実施したものです。なお、詳細につきhttp://www.r-i.co.jp/jpn/policy/policy.html をご覧下さい。
ⓒRating and Investment Information, Inc.