report1

国際金融論Ⅱ(2016 年度秋学期)レポート 1
学生番号:
氏名:
※A4 サイズで印刷し、ステープラー等で留めて提出すること(両面印刷も可とする)
。こ
れが守られていないレポートは未提出扱いとする。答えを分かり易く書くこと。また、
計算が必要なものについては計算過程を書くこと。これらが守られていない問題につい
ては採点の対象としない。

小国のマンデルフレミングモデルにおいて、総生産を、消費を、投資を、政府支出
を、輸出を、輸入をと表す。消費はケインズ型消費関数 = 0 + で、投資は投

資関数 = 0 − で、輸入は輸入関数 = 0 + で表す。実質貨幣供給をで、貨幣
需要を0 +  − で表す。資本収支は = 0 + ( − 0∗ )で表す。政府支出、輸出、
外国金利は外生変数であり、0、、0、、0 、、0 、、、0、はすべて正の
定数とする。このとき、以下の問いに答えよ。
1.
総合収支均衡条件から BP 曲線を求めよ。
2.
マネタリーベースを、外貨準備残高を、国内純資産残高をとして、マネタ
リーベース変動と総合収支の関係を書き、その関係を用いて不胎化政策とはなにか説
明せよ。
3.
「固定相場制&不胎化政策&高資本可動性」の場合、財政拡大はとにどんな影響を
与えるか。
1
4.
「固定相場制&非不胎化政策&低資本可動性」の場合、財政緊縮はとにどんな影響
を与えるか。
5.
「変動相場制&資本可動性ゼロ」の場合、金融緩和はとにどんな影響を与えるか。

講義で学んだ大国マンデル=フレミング・モデルの図を用いて、以下の問いに答えよ。
1.
自国の財政拡大は自国、外国の所得、為替相場および世界金利にどんな影響を与える
か。
2.
自国の金融引締は自国、外国の所得、為替相場および世界金利にどんな影響を与える
か。
3.
外国の財政緊縮は自国、外国の所得、為替相場および世界金利にどんな影響を与える
か。
2