pdf

微分法とgradient flow法による一相転移点近傍での
熱力学量の研究
発表者
白銀瑞樹(新潟大学)
共同研究者
江尻信司(新潟大学),石見涼(新潟大学),金谷和至(筑波大学),
北沢正清(大阪大学),鈴木博(九州大学),谷口裕介(筑波大学),梅田貴士(広島大学)
はじめに
SU(3)ゲージ理論の有限温度相転移は、熱力学量の
変化にギャップが出来る一次相転移であることが知られている
高温相の
圧力
低温相の
圧力
相転移
潜熱
物質の相が変わるときに必要な熱エネルギー
同じ大きさ!
相転移点直上では2つの相が共存しているので
2相の圧力がつりあっているはずである
満たすべき熱力学の諸性質も確認する
ex:Δ = 0等
熱力学量の微分法での計算と連続極限への外挿の結果
Karsch係数
点線で示した部分が摂動論的に求めたKarsch係数の値。
プロットしてあるのが非摂動的に計算したKarsch係数で、連続極限  → ∞ で一致するはずである。
 =


=
 :,=1
1
 − 2

+

2
2(1 +  ) 
 =


=
 :,=1
1
1 − 2 
− +

2
2(1 +  ) 
微分法は確実に物理的な性質を満たすように計算が行えるが、 が大きくなると
誤差が大きくなる傾向にある。
gradient flowの計算結果(Δ = 0へ近づく様子)
右のほうが が大きい格子での結果
Δ = 0に近づいて行っている
gradient flowでの計算結果と微分法の計算結果の比較
微分法の計算結果と一致している