規制変更に 影響をもたらす 国際的動向

規制変更に
影響をもたらす
国際的動向
保険規制の進化
将来に備えて:第1章
2016年6月
kpmg.com
Evolving
Evolving Insurance
Insurance Risk
Risk and
and Regulation
Regulation Chapter
Chapter 11
規制変更に影響をもたらす
国際的動向
昨年発行した「保険規制の進化」で報告したように、保険監督者国際機構(IAIS)は2015年も国際
的に活動する保険グループ(IAIGs)およびグローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)に
関連する取組みを続け、グループレベルの監督および各国/地域間での規制のフレームワークの
一貫性が、引き続き規制改革推進の重要なテーマとなりました。金融安定理事会(FSB)もIAISの
作業プログラムに影響を及ぼし続けており、2016年もまた重要な年になることは明らかです。
この章では、こうした主要な取組み、特に保険基本原則(ICPs)
、グローバルな保険資本基準(ICS)
およびG-SII特有の動向が保険会社に与える影響について論じます。また、国際通貨基金(IMF)の
金融セクター評価プログラム(FSAP)レビューの最新状況についても考察します。
22
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
目次
IAISフレームワーク
保険基本原則(ICPs)
4
5
国際的に活動する保険グループ(IAIGs)の監督のための
8
グローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)の規制
11
共通のフレームワーク(ComFrame)
「保険規制の進化」はKPMGインターナショナルが発行する年次レポート
であり、保険業界が直面する規制関連の主要なトピックを取り上げて
います。第6版となる今年のレポートは、英文タイトルに「リスク」と
いう言葉を加え、マーケットの現状をより反映した形に変更しました。
もう1つの変更点として、今年は各章を順次発行する方式とし、今回、
6月のIAISのイベントに合わせて第1章をリリースしました。最終章で
は、11月にパラグアイで行われるIAIS年次総会に合わせて、KPMG
インターナショナルが初めて実施する「リスクと規制に関するベンチ
マークサーベイ」の結果を公表します。
本シリーズの第 1章「規制変更に影響をもたらす国際的動向」では、現在国際的に
検討されている主な規制上のテーマを概説します。さまざまな知見は、クライアント
とのディスカッション、KPMGの専門家による規制動向の評価、各地域の政策機関
とのネットワークを通じて得たものです。第2章「コンダクトリスク-商品、顧客、
価値のバランスを確保するための規制の強化」では、業界の動向を地域別に論じ、
規制当局が商品と顧客ニーズとのバランスを確保するために、どのような変革を推進
しているか解説します。それ以降も、毎月1章のペースでリリースを行い、
「ベンチマーク
サーベイ」の結果をまとめた最終章をパラグアイで発表する予定です。詳細について
は、www.kpmg.com/regulatorychallengesをご覧いただくか、[email protected]
kpmg.co.ukまでお問い合わせください。
3
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
IAISフレームワーク
IAISフレームワークは、国際的に受け入れられている保険
セクターの監督に関するフレームワークです。監督対象となる
企業の特性に応じて、規制要件が段階的に強化される仕組み
になっています。
• 保険基本原則(ICPs)は、すべての国/地域の保険会社を
監督する上で準拠が求められる、ハイレベルな原則ベースの
基準です。ICPsは主として規制対象である保険会社単体に
対して適用されますが、保険グループには追加的に5つの
ICPsが適用されます。
• 国際的に活動する保険グループ(IAIGs)の監督のための
共通のフレームワーク(ComFrame)は、IAIGの定義に
該当する約50の保険グループに対し、さらなる要件を課し
ます。これらの企業は、IAISが策定している保険資本基準
を遵守する必要があります。
• G-SIIに該当する保険会社(現在9グループ)はシステミック・
リスクの恐れがあるため、上記の要件をすべて満たした上で、
さらに監督の強化が適用されます。これには、追加的な
資本要件と再生・破綻処理計画の両方が含まれます。
各種要件の適用は図1のように体系化されます。
図1:保険会社/保険グループのタイプ別に見るIAISフレームワークの適用
すべての保険会社
保険グループ
国際的に活動する
保険グループ
(IAIGs)
グローバルに
システム上重要な
保険会社(G-SIIs)
個社に適用される21のICPs
グループに適用される5つのICPs
国際的に活動する保険グループの
共通のフレームワーク(ComFrame)
保険資本基準(ICS)
G-SIIパッケージ
基礎的資本要件
(BCR)
より高い損失
吸収能力(HLA)
監督の強化
• システミック・リスク管理
計画(SRMP)
• 高度化された流動性計画
と管理
• 再生・破綻処理計画(RRP)
• 危機管理グループ
出典:KPMGインターナショナル、2016年
「保険基本原則(ICPs)は、すべての国/地域の保険会社を監督する上で
準拠が求められるハイレベルな原則ベースの基準です。
」
4
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
「遵守状況は、IMFと世界銀行が
保険基本原則(ICPs)
年に1度、金融セクター評価
IAISメンバーは、自国/地域の監督フレームワークにICPsを
組み入れることが期待されています。遵守状況は、IMFと世界
プログラム(FSAP)レビューを
銀行が年に1度、金融セクター評価プログラム(FSAP)レビュー
を必須ベースおよび任意ベースで実施することにより評価します。
必須ベースおよび任意ベースで
IMFがシステム上重要とみなす金融システムを有する国/地域
。
は、5年ごとのFSAP評価が必須とされています(表2を参照)
実施することにより評価します。
」
現在、ICPsには26の項目があり、これらは表1に示すように
大まかなカテゴリーに分けられます。
表1:ICPsの5つのカテゴリー
監督権限および措置
ICP1 監督機関の目的、
ソルベンシー
ICP13 再保険、および
権限および責任
その他リスク移転
ICP2 監督機関
ICP14 評価
ICP4 認可
ICP15 投資
ICP6 支配権の変更と
ICP16 ソルベンシー
ポートフォリオの移転
ICP9 監督レビュー
および報告
目的の統合的リスク
管理(ERM)
ICP17 資本充実度
グループレベルの
行為規制、仲介者、
コーポレート
ICP3 情報交換および
ICP18 仲介者
ICP5 個人の適格性
ICP23 グループレベル
ICP19 行為規制
ICP7 コーポレート
監督、協力、危機管理
秘密保持に関する要件
の監督
ICP24 マクロ健全性の
不正防止
ICP21 保険不正の
ガバナンス、開示
ガバナンス
ICP8 リスク管理
監視および保険監督
対策
および内部統制
ICP25 監督上の協力
ICP22 マネーロンダ
ICP20 開示
および協調
リング対策および
テロ資金供与対策
ICP26 危機管理に
おけるクロスボーダー
協力および協調
ICP10 予防措置および
是正措置
ICP11 執行
ICP12 清算および市場
からの撤退
出典:保険基本原則、基準、ガイダンスおよび評価方法(2011年10月、2013年10月改訂)
IAISは、2015年から3年間ですべてのICPsをレビューする
、ICP5(個人の
取組みを開始し、第 1弾としてICP4(認可)
、ICP8(リスク管理
適格性)
、ICP7(コーポレートガバナンス)
、および
および内部統制)
、ICP23(グループレベルの監督)
ICP25(監督上の協力および協調)の自己評価とピア・レビュー
を実施しました。そして2015年11月にこれらの各ICPsの改訂
版を採択しました。
2016年1月には、ICP13(再保険、およびその他リスク移転)、
およびICP24(マクロ健全性の監視および保険監督)の自己
またIAISは、2016年 1月、すべての保険会社を対象に再生・
破綻処理計画要件の適用を提案するコンサルテーション・
ペーパーを同年半ばに公表する計画であると発表しました。
現時点でこの要件を課せられているのは9つのG-SIIsのみで
あり、適用対象を広げるというこの発表は、多くの関係者を
驚かせました。G-SIIs以外の他の保険会社に適切なものが
作れるかどうかが、大きな懸念となっています。KPMGは関心
を持ってこのペーパーの公表を待っています。
評価とピア・レビューを開始しました。
5
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
金融セクター評価プログラム(FSAP)レビュー
FSAPレビューでは関連する国際的基準への遵守度の分析が
IMFがシステム上重要とみなす金融システムを有する国/地域
に対する直近のFSAPレビュー実施年は、表2のとおりです。
フィンランドとノルウェーは2014年1月にリストに加えられま
動きが見られるようになりました。各国/地域の進展状況に
います。
行われており、保険セクターにおける基準はICPsになります。 したが、まだ必須のレビューを受けていません。濃い青色で
結果として、近年、世界の規制当局の間ではICP遵守を目指す 示した国/地域の評価は、改訂版の2011年ICPsに基づいて
ついては第3章で解説します。
表2:システム上重要な金融国/地域と評価実施年
オーストラリア
(2012年)
オーストリア
(2013年)
デンマーク
(2014年)
フィンランド
(2001年)
アイルランド
(2015年)
イタリア(2013年)
ベルギー(2013年)
フランス(2012年)
日本(2012年)
ブラジル(2012年)
ドイツ(2011年)
韓国(2014年)
カナダ(2014年)
中国(2011年)
香港特別行政区
(2014年)
インド(2012年)
ルクセンブルク
(2011年)
メキシコ(2012年)
オランダ(2011年)
ノルウェー
(2005年)
ポーランド(2013年)
ロシア連邦(2011年
-グレードなし)
シンガポール
(2013年)
スウェーデン
(2011年)
スイス(2014年)
トルコ(2011年)
英国(2011年)
米国(2015年)
スペイン(2012年)
出典:1)国/地域のリストはIMFウェブサイトより(http://www.imf.org/external/np/fsap/mandatoryfsap.htm)
2)実施年はIMFウェブサイト掲載のレポートより(http://www.imf.org/external/np/fsap/fssa.aspx)
「共通して弱さが目立つ領域はICP2(監督機関)であり、
独立性や人材の採用・維持などが懸念されています。
」
、米国(4月)
、アイルランド(5月) られています。また、ICP23(グループレベルの監督)につい
2015年には、南アフリカ(3月)
。なお、 ては、ほとんどの国/地域ではこの点について進展しつつあり
の評価結果が公表されました(7ページの表3を参照)
評価実施時に施行されていた規制制度に基づき評価される ますが、5ヵ国/地域が「一部遵守している」と評価されてい
ため、アイルランドの評価結果は、2016年1月1日から欧州で ます。ICP19(行為規制)は、2014年にレビューを受けた4ヵ国
導入されているソルベンシーIIに対応する制度改定を反映して /地域のすべてが「一部遵守している」との評価であり、これ
いません。
は表3に示している2015年の結果とは異なります。2016年の
FSAPレビューのプログラムは同年1月に発表されました1。
これら3ヵ国と2014 年に公 表された4ヵ国/地 域(スイス、
カナダ、香港、デンマーク)のレポートを見ると、共通して
弱さが目立つ領域はICP2(監督機関)であり、7ヵ国/地域の
うち6つが「一部遵守している」に留まっていました。懸念事項
としては、独立性や人材の採用・維持をめぐる課題などが挙げ
このレビューではシステミック・リスクやマクロ健全性政策
などに重点が置かれます。特に、中国、ドイツ、アイルランド、
ロシア、スウェーデン、トルコ、および英国のレビューに注目
が集まるとみられます。
1 http://www.imf.org/external/pubs/ft/survey/so/2016/pol011416a.html
6
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
表3:KPMGによる2015年のFSAP結果概要
ICP /国
南アフリカ
米国
アイルランド
49
55
58
監督権限および措置
1 権限
2 監督機関
4 認可
6 支配権
9 報告
10 是正措置
11 執行
12 清算
ソルベンシー
13 再保険
14 評価
15 投資
16 統合的リスク管理(ERM)
17 資本充実度
グループレベルの監督、
協力、危機管理
3 情報交換
23 グループ
24 マクロ健全性
25 協調
26 クロスボーダー
行為規制、仲介者、
不正防止
18 仲介者
19 行為規制
21 不正対策
22 マネーロンダリング対策
コーポレートガバナンス、
開示
5 適格性
7 コーポレートガバナンス
8 リスク管理
20 開示
合計
遵守している
概ね遵守している
一部遵守している
出典:KPMG、2016年
7
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
国際的に活動する保険グループ(IAIGs)の監督の
ための共通のフレームワーク(ComFrame)
ComFrameの開発は2009年に始まりました。現在、2014年に
開始したフィールドテストが進行中であり、承認予定の2019年末
まで継続することになっています。現時点では2020年初めの
導入が予定されていますが、保険資本基準(ICS)の当初版は
2017年半ばまでに最終化され、同年からグループレベルの
監督機関へ非公開で報告されます。
ICPsが すべ ての 保 険 会 社 の 監 督 に 適 用 さ れ る 一方 で、
ComFrameは各国/地域の監督機関が国際的に活動する
保険グループ(IAIG)に指定した保険グループにのみ適用され
ます。IAISはIAIGsに指定される国際保険グループは約50
あると示唆していますが、そのリストは公表されていません。
IAIGはおおよそ以下の基準を満たしていなければなりません。
• グループ内に大規模保険会社が少なくとも1社ある。
• 国際的な活動:少なくとも3ヵ国/地域で保険を引き受けて
おり、グループ全体の総引受保険料(GWP)の10%以上を
母国/地域以外から得ている。
• 保険事業の規模:過去3年間の平均でGWPが100億米ドル
以上、または総資産が500億米ドル以上ある。
IAIGは複雑とみなされるため、こうした追加のフレームワーク
を設けることにより、グループレベルの監督が促 進され、
グループレベルのリスクの適切な評価や規制ギャップの回避
が確実に行えるようになります。ComFrameは、グループ
レベルの監督機関にIAIGを1つのグループベースで監督する
責任を持たせた上で、監督上の協力と協調、および監督機関
これまで適切なグループ資本基準の開発に注力してきました
が、以下に示すように、ComFrameはそれよりはるかに広範
であり、定量的要素・定性的要素の両方を包含しています。
図2:ComFrameのモジュール
モジュール1:ComFrameの対象範囲
要素1および2
要素3
いくつかの「直接的な」権限を行使することができます。
情報(IAIGの全体的なリスクに関連する子会社情報も含む)
の要求
• オンサイト検査の実施
• 保険グループの中核会社の統治組織、上級経営陣、および
統制部門の主要人物との公式な議論の実施
• 上記の人物に対する適格性評価の実施
「IAISは、IAIGsに指定される
国際保険グループ数は
約50あると示唆していますが、
そのリストは公表されていません。
」
ComFrameの監督の対象範囲、
および対象企業の決定プロセス
モジュール2:IAIGに遵守を求める要素
要素1
要素2
法的体制および経営体制、クロス
ボーダー問題、および複雑性
グループレベルのガバナンスフレーム
ワーク(IAIGの中核会社の統治組織
および上級経営陣、上級経営陣、な
らびに主要な統制機能の役割を含む)
要素3
要素4
統合的リスク管理(ERM)に関する
要件
要求されるグループレベルのERMポ
リシー(投資、保険引受、請求管理、
再保険戦略、保険負債評価、および
間での効果的な情報共有を可能にします。グループレベルの
監督機関は、保険グループの中核会社に対し、以下を含む
IAIGの定義および指定プロセス
数理を含む)
要素5
保険資本基準(ICS)
モジュール3:監督要件
要素1
要素2
要素3
グループレベルの監督プロセス
監督上の協力および交流
(監督カレッジに対する要件を含む)
危機管理および破綻処理
モジュール2の要素5(保険資本基準)およびモジュール3の
要素3(危機管理および破綻処理)については、開発が継続中
のため、現在入手可能なComFrameの草案には含まれていま
せん。これらの要素については次ページ以降で解説します。
8
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
グローバルな保険資本基準
IAISは2014年9月、グローバルなICSの策定の指針となる一連
のハイレベルな原則を公表しました。これに関するコンサル
テーション・ペーパーが2014年12月に公表され、寄せられた
グローバルなICSの目的は、時間をかけてIAIG間の比較可能性
を高め、国/地域を超えて比較可能な(
「実質上同じ」という
意味であることが確認済み)結果を得られるようにすることで
あるため、当該評価プロセスの課題は解決が難しい問題です。
しかしKPMGは、国/地域の評価プロセスが最終版のICS
フィードバックに基づいて2015年にわずかな改訂が加えられ (バージョン2.0)に盛り込まれるべきだと考えています。
ました。
比較可能な結果を得られるようにするには長い時間がかかる
IAISが2014年12月に公表したICSの最初の草案に関するコン との認識を踏まえ、今後も標準的手法によるアプローチの開発
サルテーション・ペーパー1 には、1500ページを超える意見が
に焦点が置かれるでしょう。内部モデルの承認可能性などの
ましたが、現在および今後のフィールドテストの結果次第で
ます。
寄せられました。IAISはそれに対するフィードバックを複数回
標準的手法への変更は、開発プロセスの後半で対応されるで
に分けて行い、主要な要素に関する更新情報を2015年6月2、 しょう。これに関連し、巨大災害リスクに関する部分内部モデル
10月3、および11月4に公表しました。いくつかの決定はなされ が2015年のフィールドテストで認められたことは注目に値し
さらなる改良が加えられることは明らかです。
ICSの目的上、すべてのG-SIIsはIAIGsとみなされます。
スケジュールおよびプロセス
IAISは時間をかけて、グローバルな規制資本フレームワーク
におけるコンバージェンスを行うという目的を再確認すると
ともに、この種のプロジェクトに伴う課題を認識してきました。
ICSバージョン1.0は、2017年に始まる監督機関への非公開
報告に間に合うよう公表される予定です。しかし、公開報告
に使用されるバージョン(ICSバージョン2.0)は、2019年の
IAIS年次総会まで採択されません。ICSに関する次回のパブ
リック・コンサルテーション・ペーパーは、2016年6月に公表
ICSの主要な要素
下の図3に示すように、ICSの主要な要素は評価手法、適格
資本量、リスク測定、および資本要件で変わりありません。
コンサルテーション・ペーパー公表後の主要な進展について、
以下に最新 情報を示します。当初のコンサルテーション・
ペーパーに対するKPMGの見解については、2015年版「保険
規制の進化」もご参照ください。
図3:保険資本基準における4つの主要な要素
される見通しです。
IAISはまた、各国/地域がICSを各国の要件に組み込める
よう、採択後に導入期間を設ける必要があることも認識して
います。さらに、
一部の国/地域ではICSの特定の要素に関し、
何らかの形の移行措置や段階的導入が必要となる可能性が
あることも認識しています。
ICSと既存のフレームワークとの相互作用
IAISは、特定の国/地域の評価プロセス(ソルベンシーIIの
同等性評価プロセスなど)について、これまでほとんど言及して
きませんでした。こうした評価プロセスは、監督当局や保険
グループが、ICSと各国のグループソルベンシー計算要件との
間で生じ得る不一致に対応する際の助けとなります。グループ
市場調整後
評価アプローチ
資本量:
Tier 1 / 2資本
保険資本基準
リスク測定
(ストレステストなど)
ICS資本要件:
リスク計測期間
内で異なる複数のソルベンシー基準を管理することは、特に
各々のリスク低減行動が異なる場合に、非常に困難となる
可能性があるため、当該評価プロセスはグループにとって重要
な制度です。また各国の要件を評価しなければ、各国/地域
出典:KPMGインターナショナル、2016年
内においてICSが適用されるIAIGsとそれ以外の保険グループ
との間での競合問題も生じかねません。
1 IAISコンサルテーション・ペーパー:リスクベースのグローバルな保険基準、2014年12月17日
2 ICSコンサルテーション文書 ― いくつかの質問に対する利害関係者の意見への回答、2015年6月18日
3 ICSコンサルテーション文書 ― いくつかの意見への回答、2015年10月5日
4 ICSコンサルテーション文書 ― ICS評価方法(セクション5)に対する意見への回答、および資本量(セクション6)に対する意見への回答、2015年11月20日
9
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
評価アプローチ
ICSに関するグローバルな負債評価アプローチの開発において
は、保険契約に関するグロ-バルな保険会計基準が存在しない
ことが最大の課題となってきました。保険契約に関する会計
基準(IFRS第4号)の策定作業は並行して続けられていますが、
最終的な基準は2016年末頃まで公表されない見通しで、適用
日は2020年 1月1日以降となりそうです。このため、IFRS第4号
の保険負債評価要件を概ね反映したICS評価手法を単独で開発
する必要が生じました。この評価アプローチは市場調整後評価
ベースと呼ばれていますが、IAISは2016年のフィールドテスト
の実施に向け、この評価アプローチのさらなる改良が必要に
なりそうだと示唆しています。
代替的なアプローチとして、一般に公正妥当と認められた会計
原則に調整を加える手法(GAAP+と呼ばれる)が検討され
新たな手法は3つのセグメントのディスカウント・カーブに基づく
ものです。1つ目のセグメントは流動性のある市場の情報に
基づき、2つ目のセグメントはこれを最大60年まで補外推定し、
3つ目のセグメントは超長期について終局フォワードレートを
用います。IAISは、単にイールド・カーブを作成するための原則
を確立するだけでなく、普遍的な手法を開発する予定である
ことも確認しました。
適格資本量
5
となるため、
ICS資本要件は規制上の所定の資本要件(PCR)
すべてのIAIGsは最低でもICS資本要件と同等の適格資本量
を保持することが必要になります。IAISはコンサルテーション・
ペーパーで、以下に示す資本量の4つの大まかなカテゴリーを
提案しました。
ています。これは主に米国が推進してきたアプローチであり、 • 制限のないTier 1金融商品(例:普通株式)
IAIGsが各国/地域のGAAP数値に調整を加えることで、市場
• 制限のあるTier 1金融商品(例:非累積配当型永久優先株
調整後評価に準じたものとなることを目指しています。
や特定の複合金融商品など)
IAISは、2017年から適用されるICSバージョン1.0ではいずれ
の評価アプローチも認めることを確認していますが、ICS
バージョン2.0についてはまだ決定していません。IAISは、採用
しているGAAPによって必要な調整は異なると認識する一方
で、国/地域を超えた比較可能性の促進を目指し、これらの
原則を策定しました。
保険負債評価に関連する重要な検討事項の1つは、現在推計
に上乗せするマージン(MOCE)を要求するべきかどうかという
点です。保険契約負債の評価にMOCEを加えた場合、実質的
に利益計上が繰り延べられることになります。
コンサルテーション・ペーパーには、その目的(健全性を高める
ためか、それとも保険ポートフォリオの移転コストを反映するた
めか)
、取扱い(すなわち、保険負債の現在推計に追加される
要素とするか、それとも資本量の一部とするか)
、および計算基礎
に関する質問が盛り込まれました。これらの質問、特に目的
に関する質問にはさまざまな回答が寄せられ、IAISはMOCE
については比較可能性を実現するため、さらなる作業が必要に
なると確認しました。また、保険負債の評価にMOCEを含める
ことを要求しているICP14.7を引用し、GAAP+アプローチを
採用する場合もMOCEが重要になると確認しました。
未解決となっているもう1つの問題は、保険契約の境界の定義
に関するものです。2015年に実施されたフィールドテストでは、
現在の定義に関する問題を検討するための質問が多数含まれ
ました。
割引率については、IAISは自身が提案しているイールド・カーブ
の手法に改良の必要があることを認識しています。
• 払込済Tier 2金融商品(例:劣後債)
• 未払込Tier 2金融商品(監督機関からの承認がある場合のみ
で、かつ他のカテゴリーの1つに該当する商品に転換可能な
ことが条件)
IAISは、継続企業の前提の下でかつ清算時に損失を吸収する
要素(Tier 1)と、清算時にのみ損失を吸収する要素(Tier 2)
の一般的な差異を確認しました。特にICP17.11のガイダンス
に従い、IAISは今後も資本調達手段の劣後性、入手可能性、
永続性、および担保や強制的なサービスコストがない点を
考慮した上で、その損失吸収能力に基づいて資本量を評価し
「制限のあるTier 1金融商品」に関し、
ます。一方でIAISは、
元本削減による損失吸収の仕組みの適切性を検討することも
確認しました。
グループ資本基準として、資本の流用可能性の問題は重要な
検討事項として残っています。しかしIAISは、セクター横断的
な側面は連結レベルで資本量を決定することにより対処すると
確認しました(ただし、セクターごとに合算される資本要件は
異なります)
。
提案されているTier 1およびTier 2資産からの控除(無形資産、
のれん、ネットベースの繰延税金資産、固有の資産への投資
など)については維持されることになりましたが、資本構成
割合の上限案もテストする2016年のフィールドテストの結果に
よっては、対象範囲が拡大される可能性もあります。最後に、
IAISはどのような種類の非支配持分を資本量に含めることが
できるか、および適格資本量をどのようにして決定すべきかに
ついて検討すると言明しました。
5 IAISの基本原則では、最低資本要件(MCR)は低い規制介入水準として機能する一方で、PCRはより高い規制介入水準として機能する。
10
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
リスク測定アプローチ
ICSに含まれるリスクの一覧(保険リスク、市場リスク、信用
リスク、オペレーショナル・リスク)については何の変更も提案
グローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)
の規制
G-SIIsのほとんどはIAIGの定義を満たすため、ComFrame
の要件を課せられます。これに加えてIAISは、ICSの目的上、
ナル・リスクを定量化する方法について検討を進める意向です。
すべてのG-SIIsはIAIGsに該当するとみなし、G-SIIsもこの
されませんでしたが、IAISは資本要件においてオペレーショ
また、巨大災害リスクは生命保険・損害保険の両方に関係する
ため、保険リスク内の個別の要素として維持することを明確に
しました。資産集中リスクに関しては、2015年のフィールド
テストの結果を基に、市場リスク内の一要素とする必要がある
かどうかを改めて評価し、もし必要があれば現在の基準が採用
されるべきだと提案しました。
リスクごとのICS資本要件を決定するための各種アプローチに
ついては、更新されませんでした。したがって、コンサルテー
ション・ペーパーに示されたアプローチ案(リスクの性質に
よって、ファクターベース・アプローチ、ストレステスト、確率
論的モデリング、および構造モデリング、またはこれらのアプ
ローチの組合せを用いる)が引き続き適用されると推測され
ます。同様に、分散効果の許容についても更新はありませんで
した。
ICS資本要件
利害関係者の反対にもかかわらず、IAISはICS資本要件が
規制上の所定の資本要件(PCR)であることを確認しました。
つまり、監督機関はグループの資本量がグループ資本要件を
下回った場合には、資本充実度を根拠に介入を行うことになり
ます。しかし、バックストップ資本指標の組入れについては何の
決定もされておらず、IAISはこの件についてはICSバージョン
1.0が完成するまで再考しないと示唆しています。
ICSのセクター横断的な側面に関し、IAISは連結レベルで
決定される資本量とは対照的に、セクター横断的な資本要件
は積上げ計算されることを確認しました。
重要な点として、IAISは資本の目的に関する将来の時間軸に
おける課題を解決しました。IAIGは継続企業の前提で既存の
事業を続けるとの仮定に基づき、1年間の計測期間を採用しま
した。
グループレベルの資本基準を遵守する必要があることを改めて
確認しました。ただし、G-SIIsはIAISの求めるG-SIIパッ
ケージにおいて監督の強化要件も課せられます。これには
以下が含まれます。
• グループ監督の強化。グループレベルの監督機関に、持株
会社に対する直接的な権限、およびグループレベルのシステ
ミック・リスク管理計画(SRMP)と流動性管理計画の監督
権限を与える
• 追加的な資本要件(より高い損失吸収能力(HLA))
• グループレベルの破綻処理計画と破綻処理評価および危機
管理グループ(CMG)の発足
以下に説明するとおり、2015年には多数の進展がありました。
G-SIIsリスト
FSBは2015年11月、選定したG-SIIsリストを発表しました。
ここでは、2013年以来初の入替えがあり、Generaliが除外
されAegonが追加されました。これはG-SIIが指定を外される
こともあり得ることを意味しますが、現在の評価手法案(後述)
では、G-SIIに選定された保険グループの評価は、評価から
最低2年間は有効とすべきだとの提案がなされていることに
注意が必要です。
現行のG-SIIsリストは以下のとおりです。
表4:2015年のG-SIIsリスト
エイゴン
(Aegon N.V.)
アビバ
(Aviva Plc)
アリアンツ
(Allianz SE)
アクサ
(Axa S.A.)
AIG
(American
International
Group, Inc.)
中国平安保険
(Ping An
Insurance
(Group)
Company of
China, Ltd.)
プルデンシャル・
フィナンシャル
(Prudential
Financial, Inc.)
メットライフ
プルデンシャル
(MetLife, Inc.) (Prudential Plc)
出典:FSB グローバルにシステム上重要な保険会社リスト2015年更新版、2015年
11月3日
破綻処理評価プロセスは、Aegonを除くすべてのグループに
ついては2016年に、
Aegonについては2017年に実施予定です。
11
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
G-SII評価手法
IAISは2015年11月、当初2013年に最終化されたG-SII評価
手法へのさまざまな改良を提 案するコンサルテーション・
ペーパー6 を公表しました。その目的は、評価プロセスの透明
性とデータの品質保証を高め、より十分な情報に基づいた意思
決定を可能にすることにあります。2016年の評価プロセスから
この評価手法の改訂版を適用する意向です。
主な変更点は、5フェーズ・アプローチ(これまでの定量的評価
のみを用いるアプローチを補完する、定性的評価フェーズを
• フェーズIII ~ Vは、フェーズII終了時に選定された潜在的な
G-SIIsにのみ適用される。
• フェーズIII:検出フェーズ。追加の定性的・定量的な情報を
考慮する。
• フェーズIV:G-SII見込みの保険グループとの情報交換。
該当する保険グループは、G-SII見込みという評価に関して
追加情報の提出が認められる。
• フェーズV:IAISがFSBに推薦する。
含む)の導入、リスク感応度を高めるための一部指標の改良、 IAISは、手法の定量的な要素に関し、少数ながらも絶対参照
および再保険の補足的評価の導入などです。
提案されている5フェーズ・アプローチの構成は、以下のとおり
です。
• フェーズI:評価対象となる約50の保険グループ7からデータ
を収集する。
• フェーズII A:品質管理とスコアリング。定量的計算に基づく
データの検証および順位付けを含む。
• フェーズII B:定量的基準の決定。これにより各保険グループ
を潜在的なG-SII(以降のフェーズの対象となる)とG-SII
以外に区分する。
値の導入を提案しました(具体的には、デリバティブ取引(販売
、金融保証、および再保険のカテゴ
したCDSプロテクション)
リーが対象)
。これらの指標のスコアは、評価対象の同業他社
と比較した潜在的G-SIIの相対的重要性のみに基づいて計算
されるのではなく、市場の動向も考慮されることになります。
この目的は、こうした領域のシステミック・リスクの変化を随時
評価し、保険業界全体のシステミック・リスクのプロファイル
の変化に敏感に反応する手法とすることにあります。しかし、
G-SII評価スコアが保険セクターに内在するシステミック・
リスクのプロファイルの変化にどの程度敏感に反応できるよう
になるかは不透明です。
表5:各カテゴリーと個別指標に対して提案されたウェイト
カテゴリー
カテゴリー・ウェイト
個別指標
指標ウェイト
規模
5%
総資産
2.5%
グローバルな事業
5%
母国以外からの収入
2.5%
相互関連性
40%
総収入
2.5%
国数
金融システム内の資産
金融システム内の負債
再保険*
デリバティブ
ターンオーバー
非伝統的・非保険
(NTNI)業務
45%
6.7%
6.7%
6.7%
6.7%
保険契約以外の負債と非保険収入
7.5%
短期資金調達
7.5%
デリバティブ取引*
金融保証
変額保険商品の最低保証
負債の流動性
5%
6.7%
6.7%
レベル3資産
*
代替性
2.5%
特定保険種目の保険料
7.5%
7.5%
7.5%
7.5%
5%
* IAISはこれらの指標に対し、絶対参照値を適用することを提案している。
出典:IAISコンサルテーション・ペーパー‐グローバルにシステム上重要な保険会社:評価手法の更新案、2015年11月25日
12
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
定量的計算におけるカテゴリー・ウェイトに変更はなく、各カテ
セクションを参照 )のいずれにも影 響を及ぼすことから、
IAISは、3つの指標(大口エクスポージャー、グループ内コミット
G-SIIsと潜在的G-SIIsにとっては極めて重要な観点となり
ます。しかしコンサルテーション・ペーパーでは、誰がNT
を除く)
)をフェーズIIから外し、フェーズIIIに入れることを提案
KPMGは、グループレベルの監督機関が他の関連監督機関
ゴリーには以前と同じウェイトが割り当てられています。ただし
メント、および経済的観点でデリバティブ取引(ヘッジと複製
しています。これにより、影響を受けるカテゴリー内のいくつ
かの個別指標のウェイトが変わることになります。提案された
ウェイトは表5のとおりです。
保険業務の指定を担当するのかが明らかにされていません。
からインプットを得た上で、当該保険グループと協議しながら、
この指定を行うべきだと考えています。
このペーパーでは、NTNIの概念を明確化するための3ステップ・
さらに、フェーズIIの基準を上回る第三者に対する重要な再保険
プロセスのうち最初のステップを説明しています。IAISは
大規模で相互関連性のある元受保険会社および国際金融シス
とおりです。
3ステップすべてを、2016年のG-SII指定作業での適用に間に
されます。IAISは、そのグループの第三者への再保険事業が、 合うよう最終化する意向です。この3つのステップは以下の
事業を有するグループに対しては、再保険の補足的評価が導入
テムに対してシステミック・リスクをもたらす可能性があるか
どうかを評価するために、出再保 険会社から引き受けた
エクスポージャーの上位10件および他の再保険会社へのエクス
ポージャーの上位5件を含む情報を追加で要求します。
IAISは、フェーズII終了時に評価スコアを決定することを提案
しています(データエラーを修正する場合を除く)が、フェーズV
の最終的なIAISによる推薦は、それまでの全フェーズに基づき
決定されることになります。
非伝統的・非保険(NTNI)業務
IAISは2015年11月、保険グループが行う非伝統的保険業務
の特定に関する客観的なフレームワークを提案するコンサル
テーション・ペーパー を公表しました。非伝統的(NT)保険
8
業務の特定は、保険それ自体がシステミック・リスクをもたらす
わけではないとの多くの意見を受け、2013年にNTNIの概念
が導入されて以来、保険グループ各社の間で大きな関心事と
なってきました。このペーパーでIAISは、保険商品の単純な
検討から、システミック・リスクをもたらしかねない保険商品に
内在するさまざまな特性の検討へと着眼点を変更しています。
これは、G-SIIsの選定(評価基準の45%がNTNI業務に関連
している。上記セクションを参照)
、および基礎的資本要件
(BCR)や、より高い損失吸収能力(HLA)要件の決定(次の
• ステップ1:商品特性に基づく分析的フレームワークを最終
化する(コンサルテーション・ペーパーで提案されたとおり)
。
• ステップ2:商品特性のフレームワークに照らして特定された
商品と業務のリストを評価し、分類する。
• ステップ3:フレームワークと既存の原則におけるギャップ
の有無や必要な修正点を特定する。
IAISは、何がシステミック・リスクに該当する可能性があるか
を決定するため、図4で説明するような3ステップ・アプローチ
を提案しています。これには以下が含まれます。
• 保険契約の商品特性を分析し、重大な市場リスクや流動性
リスクが生じる可能性を考慮した上で、起こり得る潜在的な
脆弱性を特定する。
• こうした特性が、いかにしてシステミック・リスクの発現に
つながり得るかを特定する(例えば、カウンターパーティー
へのエクスポージャーにより、金融市場のショックが拡大
する可能性があるか。あるいは保険会社が流動性の必要性
から資産売却を強いられ、その結果、資産価格が乱高下
する可能性があるか)
。
• システミック・リスクの発現に関連し、考慮すべき悪化要因
があるかどうか検討する。
6 IAISコンサルテーション・ペーパー‐グローバルにシステム上重要な保険会社:評価手法の更新案、2015年11月25日
7 データ収集フェーズの対象となる保険会社の選定基準は以下のとおり。
・総資産600億米ドル超、かつ母国/地域以外から得る保険料の総保険料に占める割合が5%以上
・総資産2,000億米ドル超、かつ母国/地域以外から得る保険料の総保険料に占める割合が0 ~ 5%
8 IAISコンサルテーション・ペーパー:非伝統的・非保険業務および商品、2015年11月25日
13
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
図4:NTNI特定プロセス
保険会社の業務
脆弱性
NTNIの特定
重大な市場リスク
NTNI
重大な流動性リスク
伝達経路
エクスポージャー
関連するが
システミック・
決定的ではない
リスクの発現
資産の流動化
その他の要因
その他の業務
出典:IAISコンサルテーション・ペーパー‐非伝統的・非保険業務および商品、2015年11月25日
IAISは、重大な市場リスクをもたらし得る特性は保険契約に
おける保証の存在であり、重大な流動性リスクをもたらし得る
特性は払戻しを認めるオプション(解約条項など)であると
「保証の存在、および保険会社が
結論付けました。
重大な市場リスクの評価について、IAISは商品の特性に基づき
以下のフレームワーク(図5)を適用することを提案しています。
保証の存在、および保険会社が保証給付のキャッシュフロー
とマッチングした資産にどの程度投資できるかが、重要な検討
事項となっています。
保証給付のキャッシュフローと
マッチングした資産に
どの程度投資できるかが、
重要な検討事項となっています。
」
図5:IAISによる重大な市場リスクへのエクスポージャーの分析(簡略図)
この商品/業務は、
保険会社を重大な
この商品/業務は、
保険契約者に
保証給付を
提供しているか
いいえ
はい
市場リスクにさらすもの
ではない
この商品/業務は、
保険会社は、保証給付の
市場リスクにさらすもの
キャッシュフローと
マッチングした資産に
投資することが契約上
可能か(デリバティブは
無視する)
保険会社を重大な
はい
いいえ
ではない
この商品/業務は、
保険会社を重大な
市場リスクにさらす
可能性がある
出典:IAISコンサルテーション・ペーパー‐非伝統的・非保険業務および商品、2015年11月25日
14
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
重大な流動性リスクの評価について、IAISは以下を考慮する
ことを提案しています。
• 払戻し通知の受領日から実際の支払日までの猶予期間
• 保険会社が払戻しに対して適用することのできる経済的
ペナルティまたは手数料の大きさ(対総額比)
支払までの期間が短く(7日未満)かつ経済的ペナルティが
ない場合、NTNIに分類される可能性があります。支払までの
期間が3ヵ月以上でかつ経済的ペナルティが20%超の場合は
NTNIに指定されません。その他の組合せについては監督機関
の判断が必要となります。
提案に対して利害関係者から挙がっている批判は、主にシステ
ミック・リスクの影響が誇張されていることへの懸念に基づく
ものです。その例を以下に挙げます。
• コンサルテーション・ペーパーでは、ネットではなくグロス
のエクスポージャーを過剰に重視している(例えば、資産・
負債マッチングの原理によりネットエクスポージャーをシステ
。
ミックではないレベルまで低減することができる)
• キャッシュアウトフローのタイミングが十分に考慮されて
いない(例えば、保険会社は受けた解約の量に応じ、異なる
解約金支払期間を設定する場合がある)
。
HLAの資本要件
HLAはICSに追加される資本要件であり、G-SIIsに適用され
ます。目的は、G-SIIsのシステミック・リスクに対応すること、
およびG-SIIsにシステミック・リスクを低減させるインセンティブ
になることです。しかし、キャリブレーション(較正)の水準、
ファクターベース・アプローチで達成できるリスク感応度の
程度、およびG-SIIのリスク・プロファイルの潜在的な変化に
対するHLAの反応性など、さまざまな課題が残っています。
本来はICSを基礎として用い、そこにHLAの「上乗せ分」を適用
する予定ですが、ICSの最終版がまだ完成していないため、
現在のHLAは基礎的資本要件(BCR)を基礎として用いる設計
となっています。
IAISはフィールドテストに基づき、ICS資本要件と同水準に
するにはBCRを約33%引き上げる必要があることを特定しま
した。BCRからICSへの移行を円滑にするため、基準となる
BCRを3年間(2016 ~ 2018年)で毎年11%ずつ引き上げる
予定です。この引上げは、適切なバーゼルIIIの資本比率要件
を参照することにより、規制対象の銀行業務に関して上限が
設けられます。
HLAはファクターベース・アプローチを採用しており、引き上げ
られたBCRに適用されるファクター(16ページの表6を参照)
は、G-SIIが割り当てられる「バケット」に応じて高まります。
• 分析では、確率的な分析を全く取り入れていない(例えば、 G-SIIsのバケットへの割り当ては、評価対象のすべての潜在的
大量解約・失効は滅多に発生しない)
。
G-SIIの平均スコアに対する各社の相対的なG-SII評価スコア
• コンサルテーション・ペーパーは、特定された市場リスク
および流動性リスクの特性がどのように伝播し、国際金融
システムにシステミック・リスクをもたらすかについて、明確
に説明していない。
より高い損失吸収能力(HLA)
IAISは2015年6月、最初のHLA提案を示したコンサルテー
ション・ペーパー を公表し、業界からのフィードバックを得た
9
後、2015年11月の理事会でHLAの最終版10を承認しました。
このマイルストーンは、G-SIIsが国際金融システムにもたらす
システミック・リスクの軽減という目標を最終的に達成する
上で、極めて重要とみなされています。
水準によって決まります。
前述のG-SII評価手法に関する作業を考慮すると、2016年の
手法が最終化された時点で、バケットの決定と割り当てプロ
セスを見直す必要が生じる可能性があります。しかし現行の
HLAアプローチでは、50の潜在的G-SIIsの評価結果に基づき、
以下の基準に従ってG-SIIsを割り当てています。
• 低バケット:評価スコアが0.04未満のG-SIIs
• 中バケット:評価スコアが0.04 ~ 0.06未満のG-SIIs
• 高バケット:評価スコアが0.06以上のG-SIIs(該当なしの
見込み)
9 グローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)におけるより高い損失吸収能力に関するIAISコンサルテーション・ペーパー、2015年6月25日
10 グローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)におけるより高い損失吸収能力要件に関するIAISペーパー、2015年10月5日
15
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
表6:HLA所要資本公式のファクター
BCR所要資本エクスポージャー
低バケット
中バケット
高バケット
6%
9%
13.5%
12%
18%
27%
非保険-規制対象の銀行
8.5%
12.5%
18.75%
非保険-規制対象外の銀行
12.5%
18.75%
25%
伝統的生命保険
伝統的損害保険
資産
非伝統的保険
非保険-管理下の資産
非保険-その他
出典:IAIS グローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)におけるより高い損失吸収能力要件、2015年10月5日
伝統的生命保険、伝統的損害保険、および資産に適用される
の判断には、前述したG-SII評価手法およびNTNI業務の特定
HLAファクターはすべて同じですが、それは、これらがほぼ
に関する両ペーパーが極めて重要なことは明らかです。これらの
NT 業 務とNI 業 務がそれ 以 上に重 視され、より高いHLA
キャリブレーション(較正)にどの程度の修正が必要になる
同水準のシステミック・リスクを有することを示唆しています。 ペーパーおよびICSが最終化された時点で、HLAの設計や
ファクターを適用されているのは、これらの業務がシステ
ミック・リスク事象を引き起こす、または増幅させる可能性が
高いからです。したがって、何がNT業務およびNI業務に該当
するかを定義することが、適用されるHLAファクターを決定
する上で非常に重要になります。
かはまだわかりません。
HLA資本量
資本要件のHLA要素は最も質の高い資本によって満たされ
なければなりません。これは現在のBCRとの関連から、BCR
規制対象の銀行については、グローバルなシステム上重要な
のために定義されたコア資本を意味するとみなされています。
考慮してファクターが設定されました。規制対象外の銀行業務
資本量も見直されることになります。KPMGでは、これが
銀行(G-SIBs)に適用されるリスクアセットでの引上げ分を
しかし、HLAの基礎がICSに変更された際には、HLAにおける
のファクターは、規制対象の銀行のファクターより引き上げ 「制限のないTier 1金融商品」になると予想しています。
られています。
IAISは、採用されたファクターに基づき、HLAは引上げ後
BCRと比べ平均10%の資本増加をもたらす見込みだと示唆
しています。しかし、G-SIIの潜在的なHLAへの資本チャージ
BCRとHLA要件の合計については、コア資本と、追加資本
またはBCRの50%のいずれか小さい方によってカバーされる
必要があります。総資本要件に対する適格資本量の比率が主要
な指標になると予想されます。
「G-SIIの潜在的なHLAへの資本チャージの判断には、
G-SII評価手法およびNTNI業務の特定が極めて重要です。」
16
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
保険会社への影響
G-SII評価手法、NTNIの特定、ICS、HLAが、どれほど相互
に関連しているかは言うまでもありません。
• G-SII評価手法に関する作業では透明性を目標の1つに掲げ
ています。そのため、個々のスコアを引き下げ、資本上乗せ
分を低減するために不可欠となる、G-SII評価スコアの要因
の検討が大幅に進展すると考えられます。しかしG-SII評価
スコアが、保険グループの潜在的なシステミック・リスクの
プロファイルの変化にどの程度敏感に反応するかはいまだ
不透明です。
• IAISはNT業務に対し、伝統的保険業務より高いファクター
を採用しているため、すべての現行および潜在的G-SIIsは
NT区分にかかわる進展を緊密に注視し続ける必要があり
ます。
• ICSの開発に伴い、BCRに適用される引上げ率は現在想定
されている33%から変わる可能性があります。しかし、ICS
がHLAの基礎となった際に必要となり得る修正により、適用
されるHLAの額が急変することにならないよう注意が必要
です。
• HLAのバケット・アプローチは、G-SIIsの相対評価に基づい
ています。G-SIIsが非常に少数であることを考慮すれば、
個々のG-SIIがHLAファクターのより低い「バケット」にどれ
だけ早く移れるかは不透明です。これは、あるG-SIIのシステ
ミック・リスクが時間とともに低減したとしても、引き続き
同じHLAファクターを適用される可能性があることを意味
しています。
こうした領域で作業が進行中であるため、ICSがHLAの基礎
となった際に資本要件がどうなるかを保険グループが現時点
で予測することは困難です。HLAはG-SIIsがさらなるシステ
ミック・リスクを取ることの抑止を目的としていますが、それが
実際に達成されるかどうかは現時点では不透明です。しかし
HLAの計算は、事業分野ごとに資本要件の計算が整合している
ことを示唆しており、商品ごとに資本指標を注視することが
ますます必要になります。
最後に、KPMGは、すべての要素が施行された際に、さまざま
な資本要件(BCR、ICS、およびHLA)や介入水準(最低資本
)がどのように相互
要件(MCR)および所定の資本要件(PCR)
に作用することになるかが、もっと明確にされるべきだと考えて
います。例えば、BCRは現在ファクターベース・アプローチと
して設計されている一方、ICSはストレスおよびシナリオに
基づく手法を用いて資本要件を計算しています。これらは全く
異なるアプローチであり、ICSが施行された際にBCRがどの
ような役割を持つことになるかは不透明です。
「HLAはG-SIIsがさらなる
システミック・リスクを取ることの
抑止を目的としていますが、それが
実際に達成されるかどうかは
現時点では不透明です。
」
17
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
G-SII要件の国内のシステム上重要な保険会社(D-SIIs) このように、世界的レベルでG-SIIsに適用されている規制
への拡大の可能性
D-SIIsは、国内の金融システムの機能において重要な保険会社
を指します。したがって、これらの企業が破綻した場合、国内
金融システムの全体的な安定に負の影響をもたらすと予想され
パッケージの各種要素がD-SIIsにも拡大される可能性があり
ます。中でも注目すべきは、再生・破綻処理計画(RRP)の
策定に関する要件です。
再生計画に関しては、保険会社は以下のような再生に向けた
ます。
オプションとガバナンスのフレームワークを説明する必要があり
ワークを検討しているのと同様に、米国はシステム上重要な
• 金融ストレスに対応する上で利用可能なオプション、および
IAISがG-SIIsを選定し、規制するための国際的なフレーム
金融機関(SIFIs)を選定するためのシステムを導入しました。
SIFIsは、連邦準備制度理事会(FRB)による規制強化の
対象となっています。その他の各国監督当局の中にも、IAIS
がD-SIIs規制のために提案しているようなフレームワークを
自国/地域に導入するところが出てくるのではないかと予想され
ます。
ます。
こうしたオプションをいつ、どのように発動するか、また実際
にどのような手順が取れるか。
• 再生の監視および意思決定プロセスをリスク管理機能にどの
ように組み込むか。
保険会社は破綻処理当局と協力し、下記の検討事項の一部を
考慮した上で破綻処理計画を策定する必要があります。
図6:破綻処理計画における主要な検討事項
破綻処理計画
グループおよび法人単体の情報
経済機能の特定
関係、グループのバランスシート、財務的・業務的相互依存性に
ため、各中核事業の性質と規模に関する情報を示す。この情報
重要な経済機能を継続するための計画
破綻処理を阻害する要因の克服
ワークへの影響に焦点を置いた上で、重要な経済機能の一つ
にする。また、その実現可能性、コスト、リスク、および実施に
企業の法人としての構造を完全かつ詳細に記述し、各種事業との
ついて詳述する。
財務的・法人的・業務的相互依存性、および該当する場合はネット
ひとつを継続するための戦略を詳述する。
事業の閉鎖が、関連する市場の安定に及ぼす影響を明らかにする
は、規制当局が重要な経済機能を特定する上で役立つ。
特定された破綻処理の阻害要因に対応するための措置を明らか
かかわる問題の評価結果を示す。
出典:KPMGインターナショナル、2016年
18
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Evolving Insurance Risk and Regulation Chapter 1
図7:RRP要件の概要
主な監督要件
オペレーティング・モデル:
主な対象領域
• 重度のストレス下で財務の強さと存続
能力を回復するためのオプションを特定
• 破綻処理見通しを組み入れた戦略計画
する。
プロセスの有効性
への潜在的影響、また清算を前提とする
場合は破綻処理への影響を特定する。
• 重要な経済機能の分析を実施する(特に
NTNI業務の影響)。
• ストレス下で資本と流動性を管理する
ため現行プロセスを拡張する。
• ビジネスモデルおよびリスク選好は「代替
策」を受け入れることが可能であること
再生計画
する能力(グループレベルと単体レベル)
フレームワーク
の要素
破綻処理計画
• グループ構造および損失事象から回復
• 広範な金融サービスセクターや消費者
に対するG-SII / D-SIIの業 務の相互
関連性
• 下記事項の間の財務的・業務的依存性
- 重要な法人
- 重要な保険商品およびサービス
- グループ 内取引およびキャッシュ
フローの依存性
を示す。
• グループ全体に追加的なガバナンス体制
を設ける。
G-SIIs / D-SIIsは、ビジネスモデルに関する透明性を高め、規制上の承認を増やし、規制上のコミュニケーションのための
ツールを提供することが期待される。
• 優れたRRP 計画は、G-SII / D-SIIが、以下の①から③を示すものでなければならない。①現行のリスク管理能力の有効性と必要な場合はその論拠、
②追加的な再生オプションと破綻処理の分析、③主要な法人や重要な商品/サービスを組織全体から分離することを妨げかねない、構造的・財務的・業務
的依存性を取り除く能力。
• 取締役や上級経営陣がRRP計画に関与し、これを理解していることを示すことが、継続的かつ良好なガバナンスと商業上および規制上の承認を確保する
上での基本となる。
出典:KPMGインターナショナル、2016年
19
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent
member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.
Contacts
Gary Reader
Global Head of Insurance
KPMG International
T: +44 (0)207 694 4040
E: [email protected]uk
Giles Williams
Partner
KPMG in the UK
T: +44 (0)207 311 5354
E: [email protected]
Rob Curtis
Executive Director
KPMG in Australia
T: +61 418 901 666
E: [email protected]
Robert Kasinow
Director
KPMG in the United States
T: +1 973 912 4534
E: [email protected]
Janine Hawes
Director
KPMG in the United Kingdom
T: +44 (0)207 311 5261
E: [email protected]
Seiji Kamiya
Partner, Financial Services
KPMG in Japan
T: +81 3 3548 5100
E: [email protected]
kpmg.com/socialmedia
kpmg.com/app
本レポートは、KPMGインターナショナルが2016年6月に発行した �Evolving Insurance Risk and Regulation - International developments
dominate regulatory change� を翻訳したものです。翻訳と英語原文間に齟齬がある場合は、当該英語原文が優先するものとします。
ここに記載されている情報はあくまで一般的なものであり、特定の個人や組織が置かれている状況に対応するものではありません。私たちは、
的確な情報をタイムリーに提供するよう努めておりますが、情報を受け取られた時点及びそれ以降においての正確さは保証の限りではありませ
ん。何らかの行動を取られる場合は、ここにある情報のみを根拠とせず、プロフェッショナルが特定の状況を綿密に調査した上で提案する適
切なアドバイスをもとにご判断ください。
© 2016 KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of
independent firms are affiliated with KPMG International. KPMG International provides no client services. No member firm
has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-à-vis third parties, nor does KPMG
International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
© 2016 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law
and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG
International”), a Swiss entity. All rights reserved. 16-1553
The KPMG name and logo are registered trademarks or trademarks of KPMG International.
Designed and produced by Create CRT59293