DS-150F 取扱説明書|MINOURA JAPAN

ファットバイク対応自転車展示台 DS-150F 取扱説明書
(ver.1.0 2016/5)
●タイヤ幅 5 インチまでのファットタイヤに適合します。
● DS-150F は、車輪受け枠・ステップバー・タイヤ乗せはすべて分離した形で供給されます。
ご使用にあたり、以下の図の状態になるように組み立ててください。
タイヤ乗せは車輪受け枠と一緒にステップバーに通します。
車輪受け枠はステップバーにボルトで固定されますが、タイヤ乗せは固定されるわけ
ではなくシーソー状に自由に動くことに注意してください。
● DS-150F の車輪受け枠の間隔はお使いになる自転車に適合するよう、あらかじめタイヤ 幅に合わせて広げておいてください。ステップバーを通す前でも調整できます。
DS-150F
品質保証期間:ご購入後1年間
詳しくは弊社ウェブサイトを
ご参照ください。
!
タイヤ乗せの短い方が車輪
受け枠側になるようにして
取り付けます。
車輪受け枠
タイヤ乗せ
ステップバー
<真上から見た図>
タイヤ乗せは車輪受け枠の外に
位置します。
DS-150F の組み立て図
(説明のためタイヤ乗せは省略してあります)
車輪受け枠の幅調整
タイヤ載せ板(赤)
(説明のためタイヤ乗せは省略してあります)
幅
車輪受け枠
キャップボルト
M6x10
※
T 型板ナット
タイヤ載せ板
キャップボルト M6x12
ステップバー
M6 スプリングワッシャ
M6 平ワッシャ
※ T 型ナットはあらかじめ
車輪受け枠の金具の孔に
内側から挿入しておいて
から、ステップバーを通
し、外からボルトを締め
て固定します。
お使いの自転車のタイヤ幅に合わせて、車輪受け枠の
間隔を調整します。
キャップボルト M6x12 を緩め、タイヤ載せ板が水平を
保つように左右の車輪受け枠をできるだけ均等に位置を
ずらしてから、再びキャップボルトを締め付けて固定し
ます。
後輪で使用する場合
後輪タイヤを車輪受け枠ではさみながら、
前後をタイヤ乗せで支えます。
タイヤ乗せをシーソーのように使って、
先に後輪タイヤをタイヤ乗せに収めておい
た自転車を後ろに下げながら、車輪受け枠
に挟んで立てるようにして使います。
!
後輪で使用する場合は、リア
ディレーラがトップのままで
は車輪受け枠とリアディレー
ラのゲージとが干渉し破損し
てしまうのを防ぐため、必ず
ロー側の当たらないところま
で変速しておいてから使用し
てください。
前輪で使用する場合
後輪と同じようにして支えますが、
タイヤ乗せの長い方が必ず内側になる
ようにしてご使用ください。
!
!
前輪で使う場合は、ハンドルを
捻らないようにまっすぐにして
お使いください。
ハンドルを切ると自転車の構造
上車体が傾いて不安定になり、
最悪の場合転倒してしまう恐れ
があります。
単独での使用は横風などに弱く
転倒しやすいため、ステップ
バーは必ず左右均等に突き出し
て使ってください。
DS-150F 同士の連結
(説明のためタイヤ乗せは省略してあります)
DS-150F は単独で使用するより複数を連結して
設置した方が、安定して自転車を支えられます。
連結するには、ステップバーの装着位置を端に
ずらし、もう一方の端を隣の DS-150F に通して
ボルトで固定していきます。
問い合わせ先
Made in Japan
株式会社 箕浦
< 3 台連結する際のステップバーのつなぎ方の例>
〒 503-2305 岐阜県安八郡神戸町神戸 1197-1
Phone: (0584) 27-3131 Fax: (0584) 27-7505 Web: www.minoura.jp
Mail : [email protected],jp(営業) / [email protected](カスタマーサービス)