第 33 回エアロゾル科学・技術研究討論会 講演募集および参加募集の

第 33 回エアロゾル科学・技術研究討論会
講演募集および参加募集のお知らせ
●日時:2016 年 8 月 31 日(水)~9 月 2 日(金)
●会場:大阪府立大学 A5 棟(堺市中区学園町 1-1)
主催:日本エアロゾル学会
第 33 回エアロゾル科学・技術研究討論会を 2016 年 8 月 31 日(水)~9 月 2 日(金)の 3 日間、堺市にある大阪府立大学・A5 棟
にて開催します。エアロゾル研究に携わる研究者・技術者の交流や情報交換の場として有意義な討論会にするため,多くの方の発表・
ご参加をお待ちしております。 討論会では,例年のとおり一般講演(口頭発表・ポスター)
,シンポジウム,特別セッション(井伊
谷賞)
、若手討論会を開催し、討論会の前日(8 月 30 日(火)
)には,第 20 回エアロゾル基礎講座も開催します。また、2014 年の討
論会に実施しました学会誌の投稿連動企画も継続して行います。今回は「エアロゾル研究」32 巻 1 号(2017 年 3 月発行)に研究討論
会論文特集号としての掲載を企画しております。詳細につきましては別ページ(p.71)をご覧ください。また、 講演要旨集の電子化
(USB 配布)についても継続して実施しますが,事前送付は原則として行いません。なお、プログラムなどの最新情報は,学会ホーム
ページ(http://www.jaast.jp/home-j.shtml)でご覧いただけます。
【開催日時】 8 月 31 日(水)~9 月 2 日(金)
【会
場】 大阪府立大学 A5 棟
(http://www.osakafu-u.ac.jp/info/campus/nakamozu.html)
●おもな公共交通機関:
新幹線新大阪駅 または JR 大阪駅→大阪市営地下鉄御堂筋線(なかもず行き)→地下鉄なかもず駅
→5 号出口より徒歩 15 分 または
南海高野線中百舌鳥駅前バス停より南海バス(北野田駅前行 31, 32, 32-1 系統:)5 分→府立大学前下車
http://www.osakafu-u.ac.jp/access/
●自家用車での来学はご遠慮下さい
【宿
泊】 堺市内(南海本線堺駅、高野線堺東駅周辺)または大阪市内(地下鉄御堂筋線沿線)のホテルをご利用ください。
【日程概要】
8 月 31 日(水)
9 月 1 日(木)
9 月 2 日(金)
研 究 討 論 会
展 示
一般講演(口頭発表・ポスター発表)
シンポジウム
若手討論会
一般講演(口頭発表)
,シンポジウム,
特別講演・総会・特別セッション
メーカープレゼンテーション
懇親会
一般講演(口頭発表)
シンポジウム
機器・カタログ展示
機器・カタログ展示
機器・カタログ展示
シンポジウムテーマ(オーガナイザー)趣旨
A1「PM2.5 の高時間分解能の成分測定」(長谷川、木戸、長田、山神、熊谷) PM2.5 の変動要因、発生源、生成過程等を明らかにする
ためには, 時間分解能を向上させた化学成分の測定が重要である。本シンポジウムでは,PM2.5 に関連する最近の計測機器の開
発,測定技術から大気観測結果まで幅広く研究発表を行い,PM2.5 の短時間分解能測定について議論を行いたい。ユーザー,メ
ーカー,研究開発者ら,大気エアロゾルに関する装置開発,測定法検証,観測,解析に係わる多くの方の参加を期待する。
A2「粒径別に見るエアロゾル計測」 (竹川、飯田、村島、桜井) エアロゾルは気候変動や大気汚染等の諸問題において重要な役割
を果たしている。エアロゾル粒子を特徴付ける最も基本的な物理量である粒径を基軸とし,ナノ,サブマイクロ,マイクロの各
粒径領域について,先端計測を中心とした最新の研究動向を幅広く議論する。また,科学的な目標を達成するための計測不確か
さの許容範囲と,その性能実現に向けた取り組みについても議論したい。講演は主に招待講演とする。
A3「室内エアロゾルの生成・挙動・浄化技術・計測技術の最前線」(並木,鍵) 本シンポジウムでは,一般室内および製造現場,医
療施設等を含む室内環境のエアロゾル粒子,特にPM2.5および超微粒子に関する生成や挙動,その浄化技術,計測技術について講
演を行い,研究・技術の進展と新たな課題を考える機会とできれば幸いである。室内環境の固有の問題を考えつつ,多くのユー
ザーやメーカーの研究者・技術者等の様々な立場で室内エアロゾルに興味のある方々の参加を期待する。
エアロゾル関連機器およびカタログ出展のお願い
第 33 回エアロゾル科学・技術研究討論会開催中(2016 年 8 月 31~9 月 2 日)に標記展示会を開催します。エアロゾル関連機
器や書籍,標準物質等に関する情報を,参加者へ伝える絶好の機会ですので,機器・カタログ出展をいただきたくご案内申し
上げます。詳細については,下記までご連絡ください。
【問合せ先】 第 33 回エアロゾル科学・技術研究討論会統括理事 足立元明
E-mail: [email protected]
講演申込方法
【講演申込締切:2016 年 4 月 27 日 (水)
講演要旨締切:2016 年 5 月 31 日 (火)】
講演申込は,学会ホームページ(http://www.jaast.jp/home-j.shtml)の講演申込フォームへの必要事項入力を原則とします。この申込が困
難な場合に限り,ページ下端に示す問い合わせ先への電子メールによる申込を受け付けます。
重要!:講演申込の期限延長は行いません。4 月 28 日午前 0 時で入力は不可となりますので、ご注意下さい。
【発表資格】 口頭発表での登壇者、ポスター発表者は本学会会員に限ります (依頼講演を除く)
。
1. 講演応募分野 (該当項目を選択,複数可)
A1 シンポジウム「PM2.5 の高時間分解能の成分測定」
A2 シンポジウム「粒径別に見るエアロゾル計測」
A3 シンポジウム「室内エアロゾルの生成・挙動・浄化技術・計測技術の最前線」
B.一般研究発表:
1)生成と性状(燃焼を含む)
, 2)測定, 3)動力学と沈着現象,4)エアフィルタと集塵,5)大気エアロゾル,
6)生体影響, 7)室内エアロゾル, 8)クリーンルーム,9)エアロゾルの利用, 10)その他
C.特別セッション
<講演要旨原稿執筆要項>
2.講演内容の分類(該当項目を選択)
A.未発表の研究, B.既往研究のまとめ (A4 判用紙)
20mm
C.既発表の研究
3.発表形式(該当項目を選択)
都合により変更をお願いする場合があります.
和文題目←なるべく中央へ
(印字範囲)
20mm
A.口頭発表,
B.一般ポスター発表
Title
C.A と B どちらでも良い,
D. 特 別 セ ッ シ ョ ン ( 井 伊 谷 賞 ),
(所属名)○氏 名*
E.若手ポスター発表 (ベストポスター
(連名の場合は講演者に○印、*印は脚注の英文と対応させる)
賞選考対象)
Abstract (200words)
4.原稿種別
A.通常原稿, B.学会誌論文特集号投稿原稿
はじめに(もしくは Introduction)
5.講演題目
6.発表者の所属・氏名(講演者には○印)
講演要旨原稿執筆要項
7.講演概要(100 字以内)
1. 日本語または英語のいずれかで,A4 判白紙に印字して下さ
8.英文題目
い。枚数は、図表も含めて 2 枚 以内 とします。ただし,
9.発表者の英文所属・氏名
「学会誌論文特集号投稿原稿」につきましては 2 枚 以
10.連絡担当者の氏名・連絡先
上 6 枚以内とします。講演番号とページを後から入力しま
(所属機関,郵便番号,住所,電話番号,
すので、原稿には上下左右 20mm ずつ必ず余白を取ってく
ださい。
ファックス番号,e-mail アドレス)
2. 和文原稿、英文原稿いずれの場合も 1 ページ目はこの様式に
11.講演者の会員番号
従って下さい。
―――――――――――――――――
3. タイトルは本文よりも大きい文字で,できるだけ中央に,研
講演要旨原稿の作成要領
右に示す執筆要領に従ってください。
・31 回討論会から,通常の講演要旨(通常原稿)
の枚数は 2 枚以内となっています。
・学会誌論文特集号の投稿要項については次ペ
ージを参照して下さい。
・要旨集は電子媒体で配布しますので,図はカ
ラー可です。
講演要旨原稿の提出
講演要旨は pdf ファイルで [email protected]
osakafu-u.ac.jp へお送りください。通常原稿、学
会誌論文特集号投稿原稿ともに 5 月 31 日締切
究者氏名は「
(所属)氏名」の順に右側に寄せて書く。発表
者には○印を付ける。下欄に英文で氏名、所属、住所を記
入して,和文の発表者名と*印と対応させる。
4. 原稿 1 ページに対し,文字サイズ 10 ポイントで 24 字×49
行×2 段を基準としますが,多少変動しても構いません。
5. 和文原稿の場合も,Abstract,図・表・写真の説明,記号表,
文献は英語で書いて下さい。Fig.1、Table 1、Photo 1、
Nomenclature、References などとします。
6.討論会ウェブサイトに「見本」を置きますので参考にして
ください。
* 英文で氏名、所属、所在地を載せる。
(* 和文の発表者名と対応)
**(2 ページ目は 1 行目から書き出す。当欄はなし)
20 mm
【講演申込および講演要旨に関する問合せ先】
第 33 回エアロゾル科学・技術研究討論会統括理事
足立元明 E-mail: [email protected]
20mm
研究討論会と「エアロゾル研究 - 研究討論会論文特集号 -」との連携企画について
研究討論会での発表内容は質が高いにも関わらず,その成果が学会誌である「エアロゾル研究」の掲載へと繋がっており
ません。「エアロゾル研究」を研究交流の場として再度捉え直し,原著論文を増やすことで研究のアイデアや共同研究の種
を沢山蒔いていくことが必要だと考えております。業績を上げるために上手くまとめた論文ではなく,研究討論会の発表で
止まっているが,オリジナリティーがあり,広く情報共有したほうが良い研究が沢山あると思われます。2014年の研究討論
会に実施しました学会誌との連動企画「ロング原稿」をさらに発展させ,今回は学会誌「エアロゾル研究」の討論会論文特
集号(32巻1号(2017年3月発刊))にて掲載いたします。そのため,審査及び校正を迅速に行うため前回実施した「ロング
原稿」とは実施要項が異なっております。投稿を希望する方は以下を熟読してお申し込みください。
実施要項
・
講演申し込み時に原稿種別 B.学会誌論文特集号投稿原稿 を選択または明記してください。投稿は原著論文のみであ
り,研究論文,技術論文,レビューペーパー,研究速報,ノート,討論の6種類とし,いずれも他の学術的刊行物に公表
されていないものに限ります。
・
討論会の講演要旨は図表も含めて2ページ以上6ページ以内とします。書式は討論会の執筆要項に従ってください。なお、
討論会での発表時間については通常原稿のものと変わりません。
・
提出された講演要旨によりエディターによる一次審査を行います。6月20日(月)までに一次審査の合否を通知いたしま
す。
・
一次審査を通過した原稿は,7月15日(金)までに「エアロゾル研究」の投稿規定に従い,指定テンプ
レートを使用して論文原稿として投稿してください。投稿論文としての取り扱いは学会誌投稿規定に準拠します。なお,
本原稿は単なる講演要旨ではなく,学術論文としての価値を持ちますので,十分に再考した論文原稿として投稿してく
ださい。また,原稿提出時には,投稿チェックシートと著作権譲渡書を同時に提出して頂きます。投稿に関する書類は
学会ホームページ・エアロゾル研究・刊行物:http://www.jaast.jp/kenkyu/index.shtmlよりダウンロードして下さい。
・
「エアロゾル研究」の投稿規定に従い査読を行います。査読を経て採択されたものは学会誌の「研究討論会論文特集号」
32巻1号(2017年3月発刊)に原著論文として掲載します。
・
特集号への掲載のため査読は迅速に行いますが,査読が特集号に間に合わない場合は,次号以降の一般論文として扱わ
れます。
論文原稿の図のファイルサイズが大きすぎるためメールで提出できない場合は,別途ご相談下さい。なお,原稿での図の
作成に際しては,学会誌に採択された場合,カラー図の掲載には規定の追加料金を支払って頂くことになる点にご留意下さ
い。また,オンラインジャーナルのJ-Stageのみカラーも可能ですので(この場合の追加料金は安価です。),「エアロゾル
研究」の投稿規定を熟読していただきご判断ください。
本会会員におかれましては,研究討論会の連動企画に対してご理解をいただくとともに,討論会の成果をエアロゾル研究
に投稿していただくようお願い申し上げます。
学会誌編集委員長
原野 安土
要旨集の電子媒体化に伴う冊子体の製作中止について
2014年つくば大会から要旨集の電子媒体化が実施されました。このときは、要旨集USBによる配布を原則としつつ,経過
措置として簡易製本が作製されました。その後,昨年,研究討論会と統合して実施されたAAC2015ではUSBのみが当日提供
(事前配布なし)されましたが,どなたからもクレームはありませんでした。
そこで,本大会からは,討論会受付での要旨集USBの配布を原則とし,前送希望者(事前参加申込者で7月29日以前に振り
込みを確認できた方)についてのみ,要旨集USBを送付します。また、冊子体要旨集は作製いたしません。
なお,各発表のタイトル,発表者名,時間,会場名をリストしたプログラムと,会場案内および展示企業出展広告を一冊
に収録した冊子は当日会場で配布します。
井伊谷賞とベストポスター賞について
【井伊谷賞】は,特別セッションでの優れた発表を対象とします。エアロゾルに関する萌芽的な研究,問題点の指摘,新し
い分野の開拓,未来志向の夢のある話題など,学会の発展・活性化に寄与するものについて,遊びとゆとりの気持ちを持っ
て発表してください。
○対象者と審査の力点,受賞者の表彰
特別セッションで会員(個人会員・学生会員)によって発表されたものに限ります。発表内容だけでなく,制限時間(発
表5分(厳守),質問10分)内に,いかに聴衆にアピールしたかにも審査の力点が置かれます。受賞者には,懇親会にて
賞状,および副賞が贈られます。(井伊谷賞の表彰楯は後日送付されます。)
【ベストポスター賞】は,若手ポスター発表での優れた発表を対象とします。
○対象者と審査の力点,受賞者の表彰
発表者が本年4月1日現在で35才以下の個人会員・学生会員であり,かつ発表する研究・開発において中心的役割を果
たしていることが必要です。研究・開発の完成度よりも,研究・開発内容を的確にポスターに表しているかどうか,
ポスターの見やすさ・わかりやすさ,質疑への対応などの発表姿勢,今後の展開や可能性が期待されるかどうか,と
いった観点で評価します。受賞者には,懇親会にて賞状,および副賞が贈られます。
参加申込方法
【事前参加申込締切:2016年7月29日(金)】
参加申込は,学会ホームページ(http://www.jaast.jp/home-j.shtml)の参加申込フォームに必要事項を入力の上,送信してください。また,
電子メール・ファックスによる申込は,必要事項〔参加者名,連絡先(所属機関,住所,Tel,Fax,e-mail),会員(個人,学生,法人)・
共催・協賛団体会員・非会員(一般,学生)の種別,送金内容,送金合計,送金予定日,請求書の要・不要〕を下記へ送信ください。
<研究討論会参加費> 参加費には講演要旨集USBが含まれています(講演要旨集USBは討論会受付での配布を原則とします)
7 月 29 日まで
参加費
懇親会参加費
開催当日
備考
学会員(個人会員・法人会員*)
6,000 円
7,000 円 *1 社につき 3 名まで
学会員(学生)
3,000 円
4,000 円
共催・協賛団体会員
8,000 円
9,000 円
非会員(一般)
15,000 円
16,000 円
非会員(学生)
6,000 円
一般(非学生)
参加費 + 6,000 円
参加費 + 7,000 円 非会員も参加可
学生
参加費 + 3,000 円
参加費 + 3,500 円 非会員も参加可
研究討論会要旨集 USB の前送希望
7,000 円 学生証提示要
参加費 + 500 円
討論会には参加せず、研究討論会要旨集
学会員
3,100 円
−
(電子媒体)のみ購入
非会員
4,100 円
−
【参加費支払方法】
締切日までに,学会誌 1 号に同封の振込用紙の通信欄に印刷の送金内容にチェックを入れ,下記口座までお振込みください。郵便
局備え付けの振込用紙(手数料送金者負担)をご利用の場合には,通信欄に必ず「討論会参加費,懇親会費,基礎講座受講料等」送
金内容に相当するものを明記してください。銀行より振込の場合も,支払参加者の個人名がわかるようにお振込み下さい。締切日ま
でに入金が確認できない場合,参加費は当日会場受付扱いとなります。入金後の払戻しは致しません。
郵便振替口座 : 00930 – 6 – 272815
口座名義 :エアロゾル科学・技術研究討論会実行委員会
銀行から振込みの場合、ゆうちょ銀行口座 : 店番 099
当座 0272815
< 事前参加申込‐送金締切 > 2016 年 7 月 29 日(金)必着厳守(7 月 29 日までに入金が確認できない場合は当日会場受付となります)
【参加登録(参加費等)に関する問合せ先】
日本エアロゾル学会事務局
E-mail:[email protected], Tel:075-415-3661, Fax:075-415-3662
〒602-8048 京都市上京区下立売通小川東入ル西大路町 146 中西印刷(株)学会部内