~A -A-SOFTエンジン~

安全なロケット
~A
-A-SOFTエンジン~
★研究テーマの例
★安全なロケットとは?
1.A-SOFTハイブリッドロケットの酸燃比(O/F)と推力の制御
ハイブリッドロケットは「推進剤を燃やしきる」「推力制御しつつ高効
率で燃やす」ことができずまだ実用化に至っていません。これには
酸燃比(O/F)と推力の両方の制御が必要です。A-SOFTハイブリッド
ロケットエンジンによってエンジン燃焼中に酸化剤の旋回強度をバ
ルブ操作により制御し、混合比を推力とは独立に制御することを目
指しています(A-SOFT,Fig.3).この旋回強度制御方法の理論的検
討や性能予測,燃焼実験(Fig.4),数値計算(fig.5)による特性把握
等の研究を進めています。また、高速度カメラを用いた燃焼室内の
可視化も目指しています。
Fig.1
従来のロケットの推進系に対して、「再使用」、「3Dプリント」な
どの技術革新に期待が寄せられていますが、従来の推進系
は本質的に爆発性を有する推進系であり、約5%が打ち上げ
を失敗しています。「ロケットの安全化」という第3の技術革新
が必要です。(Fig.1)そこで当研究室では本質的に爆発性のな
い推進系であるハイブリッドロケットを開発研究することによっ
て、宇宙輸送の生産性の増加、低コスト化、安全で経済的な
宇宙輸送の実現を目指しています。
数値計算
実験
★A-SOFTハイブリッドロケットって何?
固体燃料の充填された燃焼室に液体の酸化剤を噴射し,燃
焼させる方式の次世代のロケット推進機関をハイブリッドロ
ケット(HR)と言います(Fig.2).
加圧用タンク
インジェクタ
2. 液体酸素(LOX)気化装置
固体燃料
Fig. 2 ハイブリッドロケット概念図(加圧供給式)
メリット
◎燃料と酸化剤が混合しにくいため安全性が高い
◎推力制御可能でミッション適合性が高い
◎有毒物質を使わないため環境負荷が低い
◎製造・管理までを含めたトータルコストが低い
課題
◎推力や燃料と酸化剤の混合比(O/F)を直接制御できない
(性能が変動する)
◎境界層燃焼による燃料後退速度、燃焼効率の低下
◎推進剤を燃やしきれない
液体酸素(LOX)気化
A-SOFTハイブリッドロケットエンジンでは,
LOXではなく,気体酸素(GOX)を燃焼室に旋
回させて噴射させる方が燃料後退速度や
C*効率,比推力が良いことが分かっていま
す。そのためハイブリッドロケットを実用的
に用いるために液体で酸素を貯蔵し、気化
させる技術を研究しています。(Fig.6)
燃焼室
ノズル
液体酸化剤
fig,.5 燃焼室内の数値計算
Fig. 4 A-SOFTの定常燃焼実験の様子
3. 宇宙輸送の安全化
Fig.6 液体酸素気化装置
『燃焼形態を予混合燃焼から境界層燃焼に転換することにより宇宙輸
送システムが安全化される』という仮説の実証を目指しています。その
ためにロケットの打上げに係る安全対策において主要な評価対象とな
る爆風に着目し, 爆風発生の数理モデルの構築および, 推進剤間の比
較することによって推進剤の爆発性を定量的・理論的に評価することを
目指しています。
これらの課題を解決する方
法
それが…
A-SOFTハイブリッドロケット
★嶋田教授から一言
今,各国は将来の宇宙輸送のあり方を模索し
ています.キーワードは宇宙輸送系の安全化
です.私達はその中で根幹をなす推進系の技
術を高めるため,JAXAや他大学と共同して,
固体やハイブリッドロケット推進系に関する科
学的な理解を促進する研究活動に取り組んで
います.これからも多くの学生の皆さんと一緒
に研究を進めていきたいと考えています。
◆もっと詳しく知りたい方は7/30(土)13:00より
嶋田教授による講演会を構造棟第5会場にて行います。
是非おこしください。ホームページ→http://shimadalab.isas.jaxa.jp/
Fig. 3 A-SOFT HR概念図
A-SOFTとは強度可変酸化剤流旋回型のことで、エンジン燃焼中
に酸化剤の旋回強度をバルブ操作により制御することによって
混合比を推力とは独立に制御することが可能になります。当研
究室ではこのA-SOFTハイブリッドロケットの実用化に向け、エン
ジン内部の熱・流体現象を,数値計算と実験の両面から研究を
行っています。また、宇宙研を中心に発足した「HR研究ワーキン
グ・グループ(HRrWG)」を通じ,各大学と協調し,HRによる世界初
の超小型衛星打上げを目指しています。
2016.7
コンタクト
[email protected]
Tel: 050-3362-2501
(5-7)
夜でも曇でも地表が見れる小型レーダ衛星